2007年4月29日(日) 



庭にコクワマンション設置


わが家の庭にはコナラの木が2本植えてある。

その根元に使い古しの菌糸カスやマットを溜め込んでいて、その中にはヤナギやコナラの朽木と共に

ヒラタ採集で採れてしまったコクワ、ノコ幼虫が約5〜60頭入っている。

成虫になったら100mほどの近くにある雑木林に勝手に飛んでいってもらうつもりだったが、

住み心地のよい場所とエサの昆虫ゼリーを用意しておいたら飛んでいかずに定住してくれるんじゃないかと思い、

拾ってきたコナラ丸太にドリルで穴を開けたものを1本立てて、植わっているコナラの幹に固定した









てっぺんにはゼリーを置くための穴を開けてあり、側面には18mmの木工用ドリルで横穴をいくつか開けて、

さらに6mmのドリルを駆使して、いかにもコクワが挟まりそうな縦方向の
人口洞を作ってみた。

羽化してお腹が空いたコクワたちが、マットから這い出してきて、とりあえず木をよじ登っていくと、

身を隠すのに丁度いい洞があり、てっぺんまで達するとエサのゼリーが置いてあるという状態ならば

もしかしたらコクワ君たちに気に入ってもらえるんじゃないかな?(笑)


更にもういっちょ! まだ直径40mmほどのコナラ君には悪いが、幹に4.5mmのドリルで

ちょこっと2ヶ所ほど穴を開けさせてもらった。

もしもコナラから樹液が出たとしたら、どんなゼリーよりも魅力的な香りを発散することだろう。



このコクワマンションに入居者が現れたら、すぐに報告する予定ですのでお楽しみに!