2007年4月28日(土)



樹液採集シーズンに突入する前の最後の材割りヒラタ採集をしに群馬のマーさん、地元のジビさんと

3人で栃木県の某川河川敷へとやってきた。

自分と同じほど!?

いや、それ以上!?にヒラタ採集に燃えているマーさんと待ち合わせ場所のコンビニ駐車場で合流。




先ず最初に攻めてみたのは比較的大きな木が密生している広々とした場所だ。



3人で手分けして材を探すが、大半を占めているのは残念ながらニセアカシアの木。

この木の姿形はクヌギ、コナラのようではあるが樹液を出さないし、枯れてもカチンカチンに堅いままなのだ。

マーさん、ジビさんはヒラタ材探しをしていたが、自分はクヌギの樹液を狙ってみた。

南方から始まったコクワ前線が、この栃木県まで到達しているのかどうか気になっていたもので。




もしかしたら越冬ヒラタ成虫が洞に収まっている可能性もあるのでは?と一つ一つチェックしていくと、

洞の中に見覚えのあるコクワの尖りぎみなお尻が見えた。






かき出し棒で取り出してみると、寒さのせいか、死んだフリをしているのか?

ほとんど動かないコクワ♂成虫が出てきた。








さらにもう一頭、洞に潜むコクワ発見!








かき出し棒とピンセットでとりだしてみると、今度は元気に怒っているコクワだった。






まったくヒラタの望めそうな材が見つからなかったので、再び車に乗り込んで今度は少し上流の方へ行ってみた。




先ほどの場所とは違って低いタチヤナギの生えた石ころだらけの河川敷だ。








ヒラタ材を探して歩き回るが、コクワ材しか見つからず。

そういえば前回マーさん、ジビさんと3人で探した某川河川敷も石ころだらけで苦労したっけ。

やはり砂地で掘りやすい場所じゃないとヒラタが採れる気がしないなぁ〜・・・。






もっと下流を目指して移動する途中、石焼ラーメンという変わった店を見つけたので昼食をとることにした。




ジビさん、マーさんが食べた石焼ラーメン。

熱くなった器にメンと具がのっていて、店員が目の前でお湯を注ぐと瞬時にグツグツ煮え立った。








自分が食べたのはアジアンテイストな激辛ラーメン。

トムヤムクンみたいなタイ風の味付けで、結構おいしかった。

辛党な、かみさんの影響で自分もこのような刺激的な食べ物が好きになってしまった。

汗が噴き出すほどに相当に辛いスープだったが、とてもおいしかったので最後の一滴まで飲み干してしまった。









午後からは下流の方に移動して、ふたたび河川敷を探索。

川の方から何やら日本語じゃない男達の声がする!?、

白人の外国人たちが競泳パンツになって川で泳いでいた。

泳ぐにしては、まだちょっと寒いんでないかい?

初夏には川泳ぎを楽しむ国の人たちなんだろうか。





河川敷はハナダイコンが咲き乱れていて意外と気持ちいい場所。

しかしヒラタ有望な材どころか、どの材も朽ち方が足りず、コクワすら出せない状況だ。


しばらく歩き回ってみたが、めぼしい材が見つけられないので、車から釣竿を取り出して

ジビさんと共にしばらくルアー釣りをやってみた。

ふたりで頑張ってみたが、浅い場所だったのでどうにも魚の気配がしなくてノーフィッシュ。


マーさんの方は一人で材探しをしていたけど、とうとうヒラタ材が見つからなかったようで、

車に戻って3人でどうするか考えた後、山のほうにあるオオクワ期待ポイントへ行って

ちょこっと下見をしてみようということになった。







大粒の雨がザアザア降る中、工事渋滞に巻き込まれながら睡魔と闘いつつ、

かなりの時間を費やして、やっと栃木県南部のオオ期待ポイントへ到着した。




ボコボコクヌギだらけの林なので、これからの樹液シーズンが楽しみなんだけど、

結構人が訪れているらしく、材割り採集の痕跡はあちらこちらに。

おまけにクヌギの幹にはストッキングがぶら下がっていたりして、ちょっとがっかりしてしまう。




カワラタケの生えたコナラ材を削って、出たのはコクワ♀成虫。










続いて同じくカワラタケの生えて程よく朽ちた桜の切り株を削っていく。

すると見覚えのある糞が混じり始めた。

「なんかカブトの気配がするなぁ〜」って思ってたら案の定カブト幼虫が出ちゃいました。

マーさんが大きいのを2頭選んでお持ち帰り。


その後も続けて削っていくとコクワ♂成虫が出てきた。



大きさは23mm位の極小コクワだったんだけど、画像を拡大してみました。


どうです!

このコクワ君の可愛さときたら!!!

桧枝岐で採った極小ミヤマ♂成虫の時もそうだったが、どうも成虫は体の大きさ関係無しに

目の大きさは同じになるようだ。



夕方となり、疲れも出てきたので、本日の採集活動はここまでとして帰ることにした。

今日こそはヒラタが出そうな気がしていたが、またもや惨敗。

ヒラタというか、削る材が無さ過ぎて欲求不満の残る材割り採集となってしまった。

まあそれでも、ジビさん、マーさんと一緒の採集は楽しいや♪


今度はマグライト、かき出し棒、そして2連梯子を駆使して樹液採集でまた一緒に楽しみましょう!

お二人ともありがとうございました。 またよろしくおねがいします!










今回の結果



コクワ成虫 ♂3頭 ♀1頭(リリース)

コクワ幼虫 8頭くらい(リリース)

カブト幼虫 数頭(リリース&マーさんお持ち帰り)