2007年2月12日(月)




12日建国記念日の振替休日、前日までは土日とも休日出勤だった。

残された1日だけの休みを栃木県南部でオオクワ材割り探索をして思う存分楽しむことにした。

やってきたのは、昨年の暮れにジビさんと訪れた場所。

もう少し広範囲に徹底的に気の済むまで調べてみたかったのだ。




東北自動車道を下りて、目的地に向かう途中で車を停めて休憩した場所から

こんな良さそうなクヌギを見つけてしまった。




地上4m程の高いところで爆裂していて、しかも樹液を流した痕跡もある。

いままでは諦めていたが今や我が家には2連梯子があるので余裕で届く高さだ。

樹液シーズンが楽しみ♪


その周りを散策してみると他にもボコボコクヌギが幾つかみつかった。











次に訪れたポイント。




ボコボコクヌギは多いけど材は全く見つからない。





お昼を過ぎてしまったので、かみさんと一緒にいつもの沖縄料理屋を目指した。

前回はゴーヤチャンプルセットを頼んだら量が多すぎて苦しくなったので、

「今日はソーキソバ食うぞ〜!」と思っていたら、

残念ながら月曜定休・・・。



仕方なく市街地を走り回ってラーメン屋に入り、餃子セットを食うことにした。



自分は横浜の醤油トンコツスープ派なんだけど、

最近少しずつ普通の鶏がら醤油ラーメンも好きになってきた。






お昼を食べてお腹いっぱいになって一休みしてから目的地の山へ向かった。

かみさんもトレッキングシューズを履いて、このハードな登山採集についてきた。




登っていくと樹液採集に良さそうなコナラ、クヌギがいっぱい見つかった。












こんな樹皮捲れが残っているということは、ここまで採集人は訪れていないのかな?







いい感じで爆裂している。 ここは脚立が必要かな。

でも下草の生い茂った夏場に脚立抱えてこの場所まで登ってくるのはちょいとしんどいな。







なんと! 真冬のこの時期にして樹液を出しているコナラがあった。

何か居ないかと探ったがハエしか居なかった。 あたりまえだが(笑)








歩き回って見つけた材と言えばコレ1本だけ・・・・。

削ってみたけど残念ながらカミキリ幼虫が出てきただけでした。



散々歩き回ってみたが割るべき材が殆ど無かったので、今日は樹液採集の下見になってしまった。

それにしても山の斜面を登り降りしての材割り採集はキツイなぁ〜。

自分もかみさんも歩き疲れてダウン。

車に戻って一休みした後、山岳部採集はやめにして河川敷ヒラタ狙いに切り替えることにした。






やってきたのは栃木県内の某河川。




河川敷に到着すると、川岸にハクセキレイ、キセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリなど、

自分の好きな種類の野鳥たちが沢山いたので、急遽ヒラタ採集はあと回しにして

河川敷に降り立ちしばらくの間、野鳥撮影を楽しんだ。








クワ活動を再開したのは日が沈んでからだった。




モビリオで悪路を進んで行き、材のありそうな所に車を停める。







こんなヤナギの枯れ木を見つけて掘り起こして削ってみると、

なんかコクワっぽいようなのが出てきた。






もう一本の材を掘り起こそうかと思ったが、もう暗くなってきてしまったので、

今日はここでおしまい。



この河川敷、近いうちにもう一度調べてみることにしよう。






今回の結果

不明幼虫 2頭(一応持ち帰って羽化させてみることに・・・・)