2006年4月30日(日)



ミヤマとかスジクワなど、まだ見つけたことのないクワガタ幼虫を求めて
今日も常磐道にのってすぐ行ける茨城県中部の山岳地帯へ足を運んだ。
運が良ければオオクワ幼虫も! などと少しだけ期待しながら山道を進んでいった。





標高3〜400mの低い山が連なる茨城県の山岳地帯。



途中、昼飯を食べられる所を探していたら「そば工房」という、うまそうな店があったので寄ってみた。


この辺りは「そば」の産地として有名な所だそうで、頂いた手打ちそばは、すこぶる美味かった。




腹も満たされたところで、クワガタ探しだ。
まだこの辺りは寒いのか?山桜があちこちで満開になっていた。


杉も多いけど、落葉広葉樹の山がたくさんあるのはクワガタ採集人としては、とても良い地域だ。




比較的入り易そうな雑木林に見当をつけて新緑の山を登っていった。


赤松が混じったコナラ林。
この次期はまだ樹液も出ていないし、成虫も飛び回っていないので、
採集方法は朽ちた倒木を削ることだ。




ほどよく朽ちてボロボロになった赤松の倒木を軽く蹴っ飛ばしてみると、
いきなりコクワ♂成虫が現れた。



ほんと、コクワって凄いな。
幼虫は赤松も食ってたのか・・・・。



なんか気のせいか赤いぞコイツ。



赤コクワ!?

まるでノコみたいな色してるな。
まだ羽化間もないのかと思ったら頭部や大顎はしっかりと黒いので完全な成虫だ。。
やはり幼虫時代に食った赤松の色素が現れているに違いない!





その後、直径20cmくらいの立ち枯れたコナラがあったので、
根の部分を掘り進み、斧を入れてみると細かい毛で覆われたお目当てのヤツが現れた。






ミヤマクワガタ幼虫GET!

なんだ、ミヤマってノコとかヒラタと同じように根っこ部分に居たんだ〜。
これは持ち帰ってがんばって成虫まで育てよう。
涼しい山間を好むミヤマクワガタにとっては流山の暑さには耐えられないだろうから
成虫になったら山へ返してやらないとな。


ミヤマが取れたことでもう満足してしまい、今日の採集は午後3時頃に終了となり
早々と帰宅した。





今日の結果
コクワ♂成虫 1頭
ミヤマ幼虫  1頭