2005年6月19日(日)



前回の探索で初めて採集に成功したヒラタクワガタ。
その2匹のオスたちの相手となるメスのヒラタを探すために再び相模川にやってきた。

自宅を朝5:40に出発。
今回は妻は用事があって実家に行ってしまったので、自分一人での採集だ。

早朝でガラガラに空いた首都高をインプレッサSTIでガンガンかっ飛ばし、
東名高速をベンツおやじ達と同じペースで走り続けていたら
7時前には相模川に到着してしまった。

コンビニおにぎりを食べて採集のためのエネルギーを摂取して、
いつもどおりに長靴と白っぽい色のズボンとシャツという格好で河川敷に突入した。
白い色を着用するのはスズメバチ対策だ。 襲われにくい色という事らしい。

最初に選んだ場所は、前回11日に採集できた場所の水路を挟んだ対岸だ。
しかし、いざ分け入ってみると、タチヤナギの木が意外と少なかった。
なんとか見つけてチェックしたが、いつものコクワがいただけだった。

先へ進む途中で柳ではないんだが、ボクトウガの幼虫に穴をあけられて
樹液をだらだら流している木を見つけた。

それはオニグルミの木だった。
根元付近にヒラタが好みそうな樹皮めくれがあり、
なんと樹液にはヨツボシケシキスイも群がっていた。


オニグルミの葉と実

洞と樹皮めくれの奥をピンセットで試しに探ってみると
シャリシャリ、カツカツとしたピンセット先端が硬い何かに当たる感触が伝わってきた!
それが何なのか今までの経験で容易に想像ができた。

間違いない! クワガタの感触だ!!

相手もなかなかやるもので、右へ左へと移動しながらピンセットをかわすのだった。



5分くらい粘っただろうか・・・。

ようやくガッチリと掴むことができて、穴から引き出すことに成功した。



・・・・・・・ヒラタだった。

知らなかった。
なんとオニグルミの木もクワガタたちの住処になっていたのだ。
今までは、どんなに樹皮がめくれていようと、チェックしたことなど一度もなかった。
ふと気が付くと河川敷には大量のオニグルミが生えていた。

これはタコ採れモード突入か!?

しかしそうそう甘いものではなかった。
なんとクワガタが付きそうなオニグルミの周りは草が倒れている。
同業者・・・・、つまり自分と同じヒラタ採集人が訪れた形跡があるのだった。

どの木も全てヒラタは採られた後のようであり、自分がGET出来たのは取りこぼしだったようだ。
おそらく自分のようなヒラタビギナーではなく、毎年数多く採集に成功している熟練採集人が来ているのだろう。

9:30
一旦車に戻って、水分補給をして次の作戦を練った。








地図を見ながら入っていけそうな河川敷を探したが、結局前回訪れた場所が
奥まで行ききれていなかったので、先週確認した木を再度チェックしながら
未開の奥地まで藪を進むことにした。


しばらく進むと良さそうな柳の木を発見。
この前来たときに見たような見なかったような木だった。
近くまで行くとクワガタが好みそうな洞が開いていた。
中を覗くとクワ尻が見えているじゃないか!

右手でピンセットを洞の入り口付近で構えて、左手でマグライトのスイッチON!
速攻でクワガタの胴体をがっしりキャッチ!

引き出してみると、でっかいコクワ♂だった。

ん!?  あれれ???

しまった!! 先週もこの穴からコイツをドキドキしながら取り出してリリースしたんだったっけ!
おなじヤツを2度も捕まえてしまった・・・・。
「あぁー、ごめんよ!」と謝って再び穴に戻してあげた。





気を取り直して先へと進んだ。

前回訪れた場所だったが、チェックしていない、気が付かなかった柳の木があった。
根元付近に樹皮めくれがあり、樹液が盛大に出ていて、
そこにシラホシハナムグリが来て甘い汁を吸っていた。

いつものように樹皮めくれの奥をピンセットで探ってみた。

ん!!  むむむむっ!?

まぎれもない! クワガタの感触だった。
こんどは捲れが浅いので簡単にキャッチできた。 取り出してみると・・・・・



・・・・・・・ヒラタの♀だった。

おおっ! 目標達成じゃないですか!
しかもピンセットで同じ場所をさらに探るともう一匹同じサイズの♀がでてきた!
背中に点刻があるので、最初おもわずオオクワかと思ってしまった。


♀同士で樹皮めくれの奥に隠れていたということは、まだ交尾をしていない可能性が高い。


この木の樹液周辺に居たのは、この♀2匹だけだったが、
念のため根元にヒラタが潜んでいないかどうか、土をかき分けてみた。





・・・・・おわっ!!!





デカイ。





なんだコレ!?






幹と土の僅かな空間からクワガタの尻が上に突き出していた。
















ヒラタだ!





さっそくノギスで計ってみると ジャスト50mm!!

これまで幾度となくヒラタを求めて河川敷を探し続けた苦労の日々を思い起こして
しばらくの間、地面に座り込んで呆然としてしまった・・・・。



ああ、こんな立派なヒラタに会うことが出来るなんて夢のようだ。

我に返って早速妻に報告だ!

妻「ぴよっ?」

P「・・・・50mmm」

妻「え!?」

P「50mmなのです!」

妻「何が?」

P「ヒラタ♂50mmなのでいす!!」

妻「きゃぁぁーーーー!!!」


誰も居ない河川敷で、しばし二人でヨロコビを分かち合った。





その後、前回引き返してしまった地点から先へと
強烈なブッシュをかき分けて突き進んでみると、
一本の柳の幹を2匹のヒラタ♂がよじ登っている場面に遭遇した.

おいおい! こんなに簡単に採れてしまっていいのか?
自分はとうとうヒラタ村に足を踏み入れてしまったのか!?






洞に顔を突っ込んで樹液を吸っている♂にも出会った。



コレはうっかり地面に落としてしまって行方不明になってしまった。
その後、洞の中をマグライトで照らすとメスが入っていた。
ピンセットを差し込もうとしたら穴の奥へと消えていった。





ああ、何ということだ!  
いままでの苦労は何だったんだ!?
ヒラタ成虫タコ採れじゃないですかー!






今日の採集結果

コクワガタ ♂ 今日も大勢いました
コクワガタ ♀ 2匹

シロスジカミキリ 1匹
ゴマダラカミキリ 7〜8匹

ヒラタクワガタ ♂
 5匹(お持ち帰り)
ヒラタクワガタ ♀ 2匹(お持ち帰り)

(交尾、産卵が確認できたら全員また元の場所にリリース予定)