2005年5月16日(月)


加古川でのヒラタ探索に敗れて、次に目指したのは天竜川だった。
関西から東名高速を走って家へ戻る途中で
どうしても、もう一ヶ所探索してみたくなったので、
地図を開いてヒラタの住んでいそうな場所を考えてみたら
静岡県内の天竜川が目についたのだった。


天竜川の土手の上から河川敷を眺めてみると、
河川敷が林になっているほど大量の柳の木が生えていた。
しかし大半は巨木になる種類の柳であり、
ボクトウガの幼虫によって穴を開けられて洞が出来上がるような
細くて低い種類の柳ではなく、なかなか手がつけられない。


それでも柳の低木が数十本ほどあったので、片っ端からチェックしていった。
何本か見ていくうちに、またしても 「頭隠して尻隠さず」 状態のクワガタを発見した。



尻の形がとがっているのでコクワガタかもしれないと思いながら
引っ張り出してみると案の定コクワだった。

続けてコクワを4匹確認したところで探す低木も辺りになくなってしまったので
探索を終了させて家に帰ることにした。

ここ天竜川もヒラタクワガタが取れたという情報を得ていたので、
生息している筈なんだが、やはり時期が早いのか?
それとも探しきれていないのか?

きっとあとから姿を現したヒラタ達にコクワ達は洞を横取りされてしまうんだろう。



今日の採集結果

コクワガタ成虫♂ : 4匹(リリース)