2004年6月7日(月) 近所のクヌギ




近所のクヌギの木へ懐中電灯とカメラを持って
カブトムシを撮影しに行ってきた。

自分の住んでいる場所は田んぼ、林、畑などが広がる
典型的な谷津田で、自然度はかなり高い場所だった。

小学生の頃は夏になると懐中電灯と虫かごを持って
カブトムシやクワガタを探し回っていた。

今では開発されてしまって、昔に樹液採集したクヌギ並木などが
片っ端からバッサリと切られてしまって、採集できる場所は
僅かになってしまった。

嫁を連れていってみたところ、樹液を吸っているクワガタ・カブトを
見るのが初めてだったらしく、大喜びしてました。


樹液の出ているクヌギを懐中電灯で照らしたときに
目に飛び込んでくるこの光景は今でもドキドキしてしまうもんだ。




少し小型のコクワ。 下の方にはヨツボシケシキスイ。