2021年5月1日(土)

今日も北部印旛沼の南岸で釣り開始です。

朝6時10分頃、Cさんとの勝負がスタート。

先に到着して竿を出していたCさんは既に良型ヘラを釣り上げているそうです。

今年見てきた中で最大のハタキ祭りとなっています。




竿は九尺。

餌は「新べらグルテン底」単品。





開始早々にCさんはヘラを釣り上げていきますが、こっちはアタリが極端に少ない状況。








やっと魚が釣れたのは7時頃。

尺を超すマブナで2点Get・・・・・(泣)










水面に浮いている葦の枯れ木を拾い上げてみるとヘラの卵が付いていました。





7時過ぎに思い切って場所移動です。

尺半前後が狙えるこの場所よりも、50pが出るかもしれない鹿島川でやりたくなりましたw

Cさんもマブばかりになったとの事で移動に同意してくれました。

ちなみにこの時点で勝負は、Cさんが16点で自分はマブ2匹の3点(汗)

なんか今日も負けの気配が漂ってまいりましたww








鹿島川の飯野竜神橋脇ポイントにやってきました。

右側のツルノゲイトウ脇ではマーちゃんが竿を出しています。

ヘラを一枚釣ったそうですが状況はあまり良くないとの事。


Cさんは左側で七尺正面狙い、自分も七尺ですが左側の草の際狙い。



すぐにウキは動き始めましたが、大型ヘラのスレ引っ掻きばかり・・・。



しばらくしてすえさんが登場。

以前からブログは拝見しておりましたが、お会いするのは初めてでした。

よろしくおねがいします。

すえさんもCさんの左側本流向きで釣り開始。



こんどはジビさん登場。

我々が釣れないもんだから竿は出さずに様子見モードですw




やがてマーちゃんが他の場所へ移動していきました。

空いた場所に移ってやった方が釣れそうな気がしたので自分も場所替えです。






九尺に変えて餌を打っていきますが、アタリらしいアタリがちっとも出ませんw




と、こんどはうっちさん登場。

少しお話した後、ジビさんのいる本流側へ移動していきました。



やがて昼になって、すえさんもお帰りに。





動かないウキを眺めるのが嫌になって元の場所へ戻ることに。

ここまでお魚が一匹も釣れておりません!ww









七尺でしばらく餌を打ってみましたが反応が無いので竿を十・五尺にチェンジ。



左隣のCさんは終始七尺正面狙いを貫いていて、釣果もしっかり得ております。

40上のヘラを次々と釣りあげていて、さらに37〜38pクラスもバンバン釣っていますねー。



途中で点数を恐る恐る尋ねてみると・・・・・



50点以上とな!?ww

あちゃー、こっちは鹿島川に来てからまだ何もお魚を釣っていません(泣)





さらにCさんの竿は絞られ続けます。

十・五尺に変えてみましたがロクにアタリがもらえません。




午後3時頃だったか?

雷雲接近のため本日の釣りを終了にすることにしました。







あらま! 今日はマブナが2匹釣れただけですよw




一方Cさんはというと・・・・




ヘラ大漁マブ大漁で合計74点とな!?




なんと71点差という記録的な大敗!www




まあヤクルトスワローズも今日は2−10で大敗していたしぃーw




自分、魚が嫌がる何か目に見えないものが出てます?w

釣りに向いていないようですね。

護摩行? 座禅? お魚に嫌われないように何か修行が必要ですかね?ww






人間万事塞翁が馬。

次はいいことあるかも〜♪ww






Cさんとの対戦成績

5勝8敗5分




本日の釣果

マブナ x 2