2020年7月24日(金)


久しぶりに印旛新川の岩戸機場前の浅場で竿を出してみました。

夏場でもヘラが出るのかどうだか?

草が茂り放題で春先に開けた穴はほとんど埋まっていたので先ずは除草作業。




午前7時17分より頼刃またたき十・五尺にて餌打ち開始です。



この時期に釣れるとは思えないですが一応巨ベラ仕様で仕掛けは三年二組w

気分だけは味わいたいかなーってねw

餌は「新べらグルテン底」+「凄グル」の半々ブレンド。






あれれ?  いつまで経ってもウキはノットピクピク(泣)









アタリが無くてヒマなのでコシアキトンボを撮影して楽しんだり。












餌打ち開始から1時間半ほど経ってようやく25pほどのマブ君が釣れました♪








それは9時半頃の出来事でした。





弱々しいアタリにアワセを入れるとズシリと重い手応え。

竿を立てようとしたら強烈な沖走り!

乗っ込み時期に度々経験する巨ベラの突っ込みに2号ハリスが耐えきれずにプッツリ!




ムキューーーー!(泣)

まさかこの時期に本当に巨ベラがここをウロウロしているとは!!!









その後、10時過ぎに37pの普通サイズのヘラブナが釣れました♪










続いて35pの・・・・!?

釣れたときはヘラかと思ったんだけど、あらためて画像をみると半ベラに見えてきたなぁ。










一回だけブルーギルが釣れちゃいました。









またしても37pの???  これも半ベラかなー。









これまた37pですが半ベラ。









キタテハがやってきて腕にとまりました。  


なんだか気に入られちゃったようで嬉しいです♪

でもほんとは汗に含まれる塩分を吸いに来ているだけなんですけどねー。







しかし竿を握る手にとまられちゃうと仕掛けの振り込みが出来ずに困ってしまいますw


蝶を飛ばさない投入・・・・。

コップの水をこぼさないドリフト・・・・みたいな?w

ゆっくりとした動作で送り込むと蝶は手から逃げませんでしたw







口吻と呼ばれるストロー状の管をペタペタと肌に押し付けて塩分を摂取しているんですが、

これがこそばゆいっていうか、くちゅぐったくてねぇww









久々のプロ野球チップスです。

西部の守護神、増田が出ました♪

もう一枚は・・・・また中日のマスターがでちゃいましたねぇ。











午後2時半過ぎ、この半ベラが釣れた後、餌が無くなったところで終了としました。




巨ベラらしき魚は取り逃がしてしまいましたが、

この時期でも大物が狙えるというのが分かっただけでも収穫でした!








本日の釣果

ヘラブナ x 1

マブナ x 6

ブルーギル x 1