2020年5月10日(日)

強烈な南西風が吹く予報になっていた日曜日。

先ずは風裏となる北印旛沼最南端のポイントを目指しました。

到着してみると既に車が4台。

竿が出せそうな場所はすべてヘラ師で埋まっていました。



そこから印旛捷水路をチェック。

岸際を六尺で狙ってみようとポイントを探して、よさげな場所があったので

釣り道具を車から降ろそうとしていた時にふと、Cさんはどこでやっているんだろう? と。

連絡してみたら前日に続いて甚兵衛沼でやっているとの事。



昨日撃沈しているのに今日も印旛捷水路で撃沈しそうな予感がしてきたので、

甚兵衛沼で野べらのように元気なヘラブナに遊んでもらうことにしました。





Cさんの右隣で昼頃に釣り開始です。

ここまでCさんは6枚との事。

昼までで6枚というのは釣れている方なのか、それとも今日は渋いのかな?




閃光XXの十一尺で両グル底釣りでスタート。








まず最初にコイツw









しばらくしてヘラがヒット♪

あ〜よかった。 管釣りでデコってのだけは避けたいですからw






午後1時頃から風が強烈になってきました(汗)

水面は大荒れで細かいアタリは取れなくなり、十一尺でも仕掛けの投入がキツイほど。

最悪なのは風流れが強すぎてやりにくいこと。





風が一段と強まってからは、何も釣れない時間がただ流れていきました。

こりゃー今日は一枚だけで終わったか?








南奥側のワンドに居た釣り人が帰ったのでCさんと移動。




なんだか風速はさらにアップしたようですが、こっちは流れが弱くてやり易いです♪







またヘラが釣れるようになりました。





しかし後ろからの風が強すぎて仕掛けを回収しようと竿を立てると凧揚げ状態w

バランスの軽い仕掛けではなかなかキャッチできません。




仕掛けのキャッチし易さ優先ということでドボンに変更。





2時間くらいドボンをやりましたが釣れたのは1枚だけ(汗)





やっぱり流れが弱い状況でのドボンはキビシーですね。

うねりでアタリが取りにくいですがバランスに戻しました。





しばらくして、また少しずつヘラが釣れ始まりました。








イイ形してますねー♪


こんなどこから見てもヘラブナなのに尾びれの内側は丸くなっていますね!?

こうなると尾びれが尖っているかどうかは半ベラ、ヘラの判定基準にはなりませんね。




うねりの中でも慣れてくると一目盛チクって入るアタリが判定できるようになってきました。







終了間際にリャンコも出ました♪





餌はまだ十分に余っていましたが、風が冷たくなってきたので午後5時半頃に納竿です。




今までに経験した中では最も強い風の中で釣りを続けた一日でしたw

これが風の弱い普通の天気だったら、もっと沢山釣って遊べたかもねー。




というわけで近いうちに甚兵衛沼へまた行こうと思います♪

ブルーギルたちが本格始動する前にww






本日の釣果

ヘラブナ x 13

モツゴ x 3

ブルーギル x 3