2020年3月28日(土)

今日も朝から強烈な南西風。

こんな状況では竿が出せる場所が限られます。

岩戸対岸の先崎干拓へ行ってみると先客2名。

ものすごい風が吹いていましたが、背後からなので釣りが成立しています。

しばらく見ていましたが、お二人とも全くアワセを入れません。

別の場所へ移動したほうが良さそうです。





西印旛沼南岸の風裏となる釣り場を新規開拓しました。

ヤッカラの中ではヘラが叩いています。

朝7時半、蒲の外側の際狙いで十・五尺にて釣り開始。




蒲の中で叩いているヘラは口を使わないので、釣るなら外側狙いだなーって、

餌を打っていきますが、たまにウキが動いてもスレアタリばかり。

アタリが出ない時間が長くなると、蒲の中からバシャバシャと聞こえてくる

ハタキの音が気になって仕方ありませんww








我慢できずに穴を開けましたww

七尺で狙います。

しかしあれですな。 七尺でも長すぎるw

五尺、六尺の必要性を感じました。




しかしウキは動いても空振りばかり・・・・。

ふと気が付くと強烈な南西風が収まっていました。




むむ!?

これなら昨年の春に48pが出たあの場所で竿がだせるな。

あの時はもっと大きいのも2回バラシてしまったことだし、

大型狙いなら行かなくちゃ!!




大急ぎで撤収してそのポイントへ急行。




あちゃ〜! 先客ありでした(泣)








というわけで、いつもの岩戸にやってきました。

九尺にて釣り再開。



上流側角で到着したばかりのよっちさんが準備中でした。




マブは釣れますが本命は不在。

一本松でヘラ一枚の後はマブ祭りとなっていたCさんがこちらに移動してきて

お知り合いの方と一緒に上流側浅場の穴に入りました。








ワンド出口への右流れが強まってやりにくいので角部分へ場所移動。

ここなら流れが前方に向かうので軽い仕掛けでも問題なくやれます。

竿は剛舟十二尺。





マブをいくつか釣って油断していたせいか、うっかりヒットした大型ヘラを

右側のヤッカラの中に突入させてしまいました。

そしてハリス1.2号が切れてサヨーナラ!(泣)

貴重な巨ベラをまたしても取り逃がしてしまったようですww







変わった外道も釣れちゃいましたww

小マブがグルテンを食おうとしていたところに突っ込んで来たのかな?

45p近くありましたよww









夕方5時近くまでやりましたが今日もマブばかりでしたw




平日に釣りができる人たちが羨ましいです。

条件の良い時を選んで竿が出せますからねー。

ああ、早く定年退職したいww






本日の釣果

マブナ x 12

ブラックバス x 1