2020年2月9日(日)

今日は印旛新川の神崎川合流点下流右岸の護岸を狙ってみることにしました。

何年か前にフィーバーしたこの場所ですが、このところ竿を出す人が少ないので、

釣れなくなったというのは本当なのか? 検証してみることに。




朝6時50分、護岸中央付近の排水溝脇に釣り座を構えて二十四尺で餌打ち開始です。









すぐに前方から朝日が昇ってきました。

水面に映る太陽と二十四尺でウキが立つ位置が重なってしまって

全くウキが見えなくなってしまったので、右へ2mほど釣り座をずらして

しばらくの間は左前方へ斜め打ちしてアタリを待つことにしました。




朝7時半頃だったか、イイ感じのアタリが出たんですが、

うっかりアワセるのを忘れて見送ってしまいましたw



その後は微妙なアタリで空振りすること数回。

そうこうしているうちにモーニングサービスも終了してウキは沈黙してしまい、

おまけに左からの強風が始まってしまいました(汗)



なんか、この風を我慢しながら二十四尺を振り続けるのはイヤだなぁ〜って思い始めたら、

いつもの悪い癖が出てきてしまいましたよ!? 早々に移動したくなるってヤツですw









ハイ、思い切って北印旛沼の吉高まで来ちゃいましたw

ここは風裏になっているので水面は穏やかです♪


まあこの時期に北印旛沼の北岸で長竿を出したらどうなのよ?って、

一度検証してみたかったという理由が大きかったわけですが。



二十一尺で水深はおよそ90p。

印旛新川の堀の内浅場とほぼ同じ。

これなら期待してもいいかも?









日に照らされて温まった浅場にヘラブナ カモーン!










ん!?










ヘラどころか誰も現れません(汗)









午後2時まで粘ってみましたが・・・・・生命反応ゼロっす!ww

ダメだこりゃー!w







夕方まで試してみないと何とも言えないのは承知でしたが、

しびれを切らして移動ですww










西印旛沼の師戸機場前にやってきました。




ここも、この時期長竿だしたらどーなのよ!?って思っていたポイントです。

午後3時から日没までがんばってみるつもりです。




先ほど同様に竿は二十一尺。

まばらに生えている葦の脇を狙って仕掛けを投入。

ここも水深はおよそ90p。






あれま!?







やっぱりここもノーピクですねぇ〜ww










ヒマなので、恒例のアレのお時間となりましたw

小腹が減ってきたところには丁度いいおやつですw

どんだけ侍ジャパンが好きなん?って言われても仕方ないですねーw





むぅーーーー。

今日は中日ドラゴンズの佐藤優投手でした。(カード撮影は省略っす)

スワローズの山田哲人選手、村上宗隆選手への道のりは遠い!?w











午後4時25分、いきなりチクってアタリ発生!








アワセと同時に強烈な沖走り!








うっひょ〜〜〜! やっぱ巨ベラは居たでねえか〜! 

この引きは紛れもねえアイツだ! (釣りキチ三平のようにw)








とか喜んでいたら・・・・・・・













クォイ様でしたw



サイズはおよそ60p。

糠喜びってヤツですね。 いい夢見させてもらいました(泣)

っつうか、強烈な引きに閃光を折られなかっただけ助かったというやつですねw











その後は一度もアタリが出ることもなく日没となって本日の釣りは終了です。




葦際の浅場狙いは完全に時期尚早でしたねー。

巨ベラたちが岸辺を徘徊し始めるのは2月下旬ぐらいからだったか〜?





本日の釣果

コイ x 1