2020年2月29日(土)

印旛新川の岩戸機場へ行ってきました。

まだ時期が早くて釣れない可能性大ですが、とりあえず切り開いておく必要があります。

枯草を踏み倒しながら藪を突き進んで釣り場までのルートを確保しておきました。

予想通りまだ誰も竿を出した形跡がありませんねー。




朝7時に到着して、釣り開始は8時21分でしたw

頼刃またたき十・五尺にて餌打ち開始です。






10時頃まで動かないウキを見つめ続けていたでしょうか。

よっちさんが様子見に現れました。

そして今度はロッテファンのCさんも様子見に。

ここから八千代橋上流左岸の小護岸へ移動することになりました。





しかし行ってみたら河津桜のお花見散歩人があまりにも多くて断念。

道の駅やちよ下流左岸で竿を出してみることになりました。










お昼ちょっと前にCさんと並んで二十一尺にて釣り再開。

周囲に釣り人がほとんど居なかったのが気になりましたが、

最近まで釣れていた場所なので、すぐにでもウキが動きそうな感じです。

しばらく様子見モードだったよっちさんも自分の左側に入って十八尺で釣り開始です。






しかし今日は何かが違っていたようで、ひたすらノーピクが続きます。

流れがほとんど無いに等しいほど弱い。 これは致命的です。(泣)







暇なので、ヘラバッグからアレを取り出して開封!

3時のおやつには丁度いい量のポテチですw










げっ!!  ギータの連続かよ!(汗)

いままでずっとダブらずに違う選手が出ていたんだけどなぁ〜w









なんとウキが動き始めたのは午後5時を過ぎてからでした。

尺くらいの半ベラ君が竿を曲げてくれました。









そしてすぐもう一枚。











Cさんがマブを釣り上げたんですが、やたらと鰭の黒いヤツでしたね〜。

クロビレブナと命名しちゃおうか!?ww




それにしても・・・・・ ん!? なにかこの魚、変だぞ?









あれ!? 胸鰭ってこんな風に左右2枚ずつ付いていたっけ???

後ろ側の鰭はもうちょっと後ろの方で、もっと下に付いているんじゃなかったかなww












ウキが見えなくなって今日も終了です。

最後の一投ではマブ君がヒットしました。

よっちさんはウキにミライト装着でナイター突入。





今年は暖冬だからもうイケるかと思ったんですが、

直近の水温低下の影響が残っていたようですねー。








本日の釣果

マブナ x 3