2020年2月15日(土)

うっちさんが午後からヘラを17枚釣ったとの情報を得て、霞ケ浦へ出かけてきました。

その釣れたという沖宿のポイントへ行ってみると、なかなか車が止めにくい感じ。

まあ今までやっていた水門のポイントでも釣れるだろうってことで、

いつもの場所に入って準備開始。


ちょうどジビさんが到着して並んで釣り開始です。





朝7時17分、旧・煉の十五尺にて餌打ち開始。











始めて5分で一枚目のヘラが出ました♪

サイズは35pと少し物足りないですが、イイ形していますね〜。





朝のうちはヘラやマブでウキがよく動いて楽しめましたが、

お昼近くになるとノーピクで時間が過ぎていきます。

水門から裏の蓮田の泥水が流れ出ていた時は魚が寄ってきていましたが、

それが止まると一気に魚の気配が感じられなくなりました。








ひたすら回遊待ちが続きます。

ジビさんは左側へ移りました。











本日最大のヘラは37p。

尺半クラスがヒットしても大丈夫なように、頑丈な竿と道糸2号、ハリス1.2号で

やっているんですが、期待した大物は姿を現しませんでした。











釣りを終えて帰る頃、蓮田の向こうに見える筑波山が綺麗でしたよ。









本日の釣果

ヘラブナ x 5

マブナ x 7