2020年1月5日(日)

年末年始の九連休最終日。

釣りに行かなかったのは大晦日だけというひどい釣りキチぶりでしたww

今日も印旛新川の道の駅やちよ前で大物を狙います。



いつも入っている場所ではなく、下流側を新たに切り開いて竿を出してみることにしました。

バリマックスさんも来ています。




枯草の刈り取り作業で体が温まり過ぎて暑いくらいになってしまいましたw











今日は向かい風となる北西風が強めに吹き荒れる天気予報だったので、

閃光よりも頑丈な嵐馬の二十一尺を選択しました。



朝のうちは、ほぼ無風でしたが今日は風上に向かって

竿を力いっぱい振り下すことになりそうですねー。











やがてうっちさんとジビさんが到着したので、さらに釣り場を拡張しました。



うっちさんとの勝負が今日も始まります。

二十一尺が三本並びました。

水深は前回竿を出していた辺りと比べて30〜40cmほど浅いです。





一人でやっていた無風状態のときに一度だけサワリが出ましたが、

風が吹き出してからはノーピク状態が続きます。









時々風が収まってきますが、すぐにまた暴風という状態が続いていきます。




これはドボンじゃないとやってられないかな?





ジビさんは強風の中の釣りが嫌になって上流部の風裏となる場所へ移動しました。





ここからはうっちさんと荒行続行ですww




途中、バリマックスさんから差し入れの缶コーヒーを頂きました。

「世界一のバリスタ監修」という美味しいコーヒーでしたが、

バリスタの「バリ」が何か関係しているような気がしてなりませんw

(ありがとうございました)








一旦ドボンに変えましたが、ドボンってなんか釣れそうな気がしないので

大き目のガン玉を二個装着したハリスオモリでズルズルと流されながらの底釣りにしました。





うっちさんによると地合いの午後1時半を過ぎましたが全くのノーピク(汗)




これは続けてもダメだろうと見切ったうっちさんの終了宣言で移動することにしました。







逆水橋〜八千代橋間の右岸で竿を出していたジビさんのところに合流しました。



ジビさんはデカマブを一個釣っているそうですが、

様子を見ていた目の前で二個目のデカマブGetです。




これはヘラは出ないとしてもデカマブで得点できて楽しめそうですねー。

閃光Lの二十一尺で釣り再開。




4時のチャイムが鳴った直後に何かヒットしましたが、スレ掛かりだったようで

すぐに針は外れました。







二十一尺で水深は2.9m。(帰宅後に仕掛けを計測)

今の時期に狙うにはちょっと深すぎだったのかな?

浅場でやったほうがヘラに出会える確率は上がるかも。











合計アタリ4回。 ヒットしたのは38pのマブナ一個だけでした。









日が沈み夜の帳が下りる頃、ヘラに出会えないまま試合が終了。



うっちさんとの第二戦は3−0で勝利となりました。



夕方が近づくにつれて風が収まっていったので、

道の駅やちよ前で辛抱していれば夕方にヘラブナを拝むことができたかもねー。








本日の釣果

マブナ x 1