2020年1月13日(月)

おーつかさんと一緒に管理釣り場の甚兵衛沼へ行ってきました。

前回は元旦の釣行だったわけですが、意外にもウキがよく動いて

そこそこ楽しむことができたので、味をしめての再訪です。




朝7時52分、駐車場側の西岸に釣り座を構えて釣り開始。











昨日、印旛新川からの帰宅途中に立ち寄った上州屋で見つけて衝動買いしてしまった

竹とグラスファイバーの合成竿、竿昭 十尺 1万5千円です♪

4本継ぎのうち、穂先と穂持がグラスという合成竹竿。

竹竿の入門用としては丁度いいんじゃないかな?

本物の竹竿を買おうとしたら、こんな値段じゃとても入手できませんからねーw











ほどなくしておーつかさんが到着して自分の左隣で釣り開始です。

おーつかさんは十二尺を選択。




開始直後はウキに反応が見られて、一回スレで掛かったんですが、

その後はノーピクタイムが続いてしまいました。



左のほうの人が一枚釣ったかな。

あともう一人竿を絞ったところまでは見ましたが、ウキは完全に動かなくなりました。

見渡す限り誰も何も釣れていませんw



元旦は放流10日後だったので、まだ新ベラの恩恵にあずかることが出来たようですが、

今日の甚兵衛沼は午後2時半過ぎくらいまで魚が回遊して来なくて全く釣れないという

いつもの姿に戻ってしまったようです。



こんな時はこれまでの経験上、長竿を振ったところでヒットするわけでもなく、

バラケを大量投入しても魚自体が不在なので餌の無駄遣いにしかなりません。



どうすれば釣れるのか?

魚の居場所を直撃する他に手段はありません。

前回おいしい思いをすることができた南岸の蓮が生えている場所に望みを賭けてみることに。






駐車場前ポイントを脱出して、前回入った島の前に移動してきました。



おーつかさんも自分も竿は変えずにそのまま。

すぐにウキが動き出しそうなイメージがありましたが、全くもって生命反応が得られませんw



これはヒドイ我慢大会の会場にやってきてしまいましたねぇ〜w

この前、兎谷津で釣れない釣りを経験したときに、

「あ〜あ、今日は甚兵衛沼へ行けば良かったねぇー」って言っていたのに、

今日は「兎谷津の大池北岸でやれば良かったなー!」って感じですw







また頭上をオナガガモの群れが通過していきます。

今日は標準ズームレンズ一本しか持参してきていないので、

野鳥撮影をして釣れない時間の暇つぶしをすることも出来ませんw






あ、そうだ!









今日はコレを持ってきていたんだったw



ポテチ好きってわけではありませんよw

侍ジャパンに選ばれたプロ野球選手のカードがお目当てなんです。



今日こそヤクルトスワローズの山田哲人選手を引き当てるぞ〜〜〜!!ww



ちなみに、前回は二袋買ってきて、阪神の岩貞投手とオリックスの山本投手でした。








なにが出るかなっ♪ なにが出るかなっ♪ ってあのでっかいサイコロを転がす気分ですw











むぅーーーー。 ハムの西川選手でしたかぁ・・・・・www

確率は44分の1だから山田哲人を引き当てるのはキビシーかも!?w






よそ見したってポテチ食ったって、相変わらずウキは動きましぇ〜んww







おや? 

上空を変なヒコーキが飛んでいますよ!?









なんだこの形w

この画像、上に向かって飛んでいくところを写しているんですが、

先端に補助翼で後ろに主翼?  ん?  推進力となるプロペラは最後部にあるのか?w






あーーーもう! 

サワリすら出ないで時刻は午後2時半!!w

もうこんな釣れない釣り場には見切りをつけて野釣り場へ行っちゃった方が

精神衛生的に良いかもしれませんww




というわけで、おーつかさんとの甚兵衛沼釣行はここでお開きにw





撤収後に自分は印旛沼の新規ポイント視察へ。

兼ねてから乗っ込みポイントとして目をつけていた場所への歩行ルート確認をしましたw

葦に囲まれて水深60pあるかどうかという短竿で狙うポイントです。

この時期にやってみても無意味な場所なので竿は出しません。



竿昭 十尺でもヘラが釣れそうな場所はどこかにないか?って走り回っているうちに、

手賀水系まで戻ってきてしまいました。







というわけで、手賀川の浅間橋下流北岸で午後4時より釣り再開ですww









果たして買ったばかりの合成竿に入魂することが出来るだろうか?



いつもだったら十二尺か十三尺、または十九尺以上の長竿を出すところですが、

入魂が目的なので少々短い気がしますが十尺で狙っていきます。



午後4時半のチャイムが鳴った後、ようやくウキに変化が表れ始めました。



一度、根掛かりして竿をあおったら、竹竿部分からミシッって不穏な音が!(汗)

えっ、竹竿ってこんなにも取り扱い注意な竿だったんですか〜!?

気を付けて扱わないと一度も魚をヒットさせることなく亡き者としてしまいそうだなw




午後5時頃、何かヘラっぽいのがヒット!

しかしスレだったようで針外れ・・・・。








暗くなって電気ウキ装着。





ああ、でも釣れませんでしたw





やはり冬場によく晴れて風が吹かなくて一日を通してほぼ水面ツルツルってのは

何をやっても、どこで竿を出しても釣れない日なんですねー。

こんな天気の日は魚密度の高い八十八とか将監のような管釣りで

一日をのんびり過ごすのが良いような気がします。




わぁー、久々にデコったぁー!ww






本日の釣果

おでこニョ〜ン