2020年11月8日(日)

いつもの鹿島川のポイントで竿を出してきました。

うっちさんから牛久沼水系の稲荷川が好調との情報を頂いていましたが、

自分としては鹿島川のほうが魅力的なので前回に続いてやってきました。



朝7時10分、イチジクポイントでCさんとの勝負開始です♪


Cさんは突き出た場所に釣り座を構えているので、自分のいるところよりも四〜五尺分ほど

仕掛けが遠くに入ります。


自分は二十一尺、Cさんは十五尺にて釣りスタート。

餌の入るラインは大体同じくらいになりますね。









風もなく鏡のように静まった水面で、試合開始当初はお互いノーピクタイムとなりました。





午前9時頃、カヌーの練習が始まったと同時にアタリが発生!

騒々しくなった川の中央付近に居た魚たちが岸寄りに移動してきたようです。







上がってきたのは38pのヘラでしたが、残念ながらアッパーでした(泣)






その後、カヌーの人たちが増えていって・・・・








危うく穂先をやられそうになりました(汗)

竿を持ち上げなかったらパドルで竿を叩かれていましたねー。









11時23分に37pのヘラが釣れて、6点先取♪




と思ったら、すぐさまCさんも38pのヘラを釣り上げて6−6の同点ですw







12時16分に41pの半ベラがスレ掛かり。

このサイズが尾びれ近くに引っかかったバックオーライだったので、

記録更新サイズの巨ベラがヒットしたかのようなもの凄い引きの強さでしたよw









うーむ、ヘラと言いたいところだがコレは半ベラなんだろうなー。









これも微妙だけど自分的にはヘラに見えるのでヘラでカウントします。





Cさんは途中から竿を二十一尺にチェンジ。

自分のところから二十五尺〜二十六尺といったラインに仕掛けが入りました。

すると、ここから爆釣がスタート!(汗)

一気に点差が離れてしまって、もう勝負どころじゃなくなってしまいましたww








夕方になって翼の二十四尺にチェンジしましたが、時すでに遅しww









なかなかきれい夕焼けとなりましたが、こちらのウキはなかなか動いてくれません。

最初から二十四尺を出していれば状況は違っていたかもしれませんが・・・・。









ウキが見えにくくなった頃、ムズっと入って39pのヘラが釣れました。











Cさんはウキが見えなくなる時刻まで、ずーっと竿を絞り続けていて、

ヘラ、半ベラ合わせて56得点!!

40pを含むヘラの枚数は6枚?7枚?

マブと半ベラは相当数釣り上げていましたねー。




一方自分はというと・・・・



21得点ww




ひっでぇー負け方ってやつですねw 

またやっちまいました(汗)




いつものことですが、楽しかったから良しとしましょう♪





Cさんとの対戦成績

2勝11敗1分





本日の釣果

ヘラブナ x 3

マブナ x 2