2020年11月3日(火)

祝日の今日、印旛新川の堀の内浅場で竿を出してみました。

神崎川吐き出し護岸でやるつもりでしたが、雨で路肩が濡れていて、

後輪駆動のスカイラインではスタックしてしまいそうなので、

安全に駐車できる堀の内浅場でやることにしました。




行政による除草作業が入ったおかげで、この界隈はスッキリしていました。

午前9時頃より釣り開始。




泡付けが遠くのほうに集中していたので、翼の二十四尺を出してみました。

餌は、「グルテン四季」60cc、「α21」20cc、「いもグル」20cc、水120cc。








4投目くらいからジャミが現れて、その後延々と付きまとわれました。



左からの北東風が強まってやりにくくなったところで撤収しました。

このポイントは本来は12月に入ってからですからねー。




ヘラに出会えそうな鹿島川へ移動することにしました。

神崎川吐き出しの釣り台に乗って竿を出していたよっちさんと少しお話を。

スレでヘラが一回ヒットしたそうです。

神崎川もこれからが巨ベラの狙えるシーズンですねー。








先週、うっちさん、Cさんと三人並んだイチジクポイントの左側に釣り座を構えました。

何故イチジクかというと、初めて入った時、足元にイチジクカンチョーが落ちていたからw

(Cさん曰く、「取り除いてしまうと釣れなくなる」との事なので拾っていませんw)




竿は以前と同じく剛舟の十九尺。

さすがに雨の後だけあって流れがキツイです。

特大ガン玉を2個付けたハリスオモリで開始してみましたがダメでした。

仕方なく今日はドボンの底釣りでやっていきます。



今日はここではジャミが居ないようで、ひたすらノーピクが続いていきます。







12時47分に35pのマブがヒット♪




釣れないヘラ師の自分としては、立派なマブが釣れるだけで結構うれしいもんですw









しかし後が続かず。 波が無く水面が穏やかなのも釣れない要因かもしれません。




動かないウキを見つめ続けていたら・・・・・




いきなりズバッっと消し込んで、








午後2時半に36pのヘラが釣れちゃいました♪



条件が悪いかと思っていましたが、本命に出会えてホッとしました。




そしてまたウキは沈黙。




午後3時半頃だったか、車が一台自分の近くに停車。

なんか聞き覚えのあるエンジン音だなぁ〜って思っていたら、

今日は出勤日と言っていたCさん登場!

仕事が早く終わったとの事で様子見に現れました。

(早上がり出来る職場っていいなぁ〜!)


しかし釣り道具を車に積んでいなかったそうで竿は出せません。

(あたたかい缶コーヒーの差し入れありがとうございました)






Cさんが見守る中、竿を二十四尺にチェンジして頑張ってみましたが、

その後は何も釣れることなく、ウキが見えなくなって終了です。




今日は午後3時半頃に尺半以上確実という見事なヘラのもじりを目撃しちゃいました。

しかも二十七尺くらいで届きそうなラインでw




そういうの見ちゃうと、もっと長い竿が欲しくなっちゃいますねーw






本日の釣果

ヘラブナ x 1

マブナ x 1

タモロコ x 多数