2020年11月1日(日)

Cさんとまた鹿島川を狙ってみました。

餌打ち開始は午前8時半頃。

最初に北印旛沼の吉高機場周辺を一緒に見て回ったんですが、

釣れそうな気配が無かったので二日連続同じポイントとなりましたw




今日は前日にうっちさんが竿を出していた場所に入ってみました。










前日同様に十九尺で狙います。









釣りを始めてしばらくするとカヌーの練習が始まりました。



川の中央付近だけでやっているのなら問題ありませんが、時々岸寄りを通過していきます。

見ていると、しょっちゅう転覆しています。

落水してしまうとその場では乗船できないようで、岸までカヌーを引っ張りながら泳いできて、

上陸してから再び乗り込みます。


一度、Cさんの近くで転覆した人が再び練習コースに戻ろうとしたとき、

何を思ったかCさんの真正面を通過していきました。

竿を上げないとぶつかる距離です(汗)

竿掛けの先1mという超ニアミスを目の当たりにしたCさんは、

あまりの出来事に呆れて声も出なかった模様w




釣りにならなくなったので二人で脱出しました。








上流部の高崎川合流点に移動してきました。



十四尺で水深を図っていたCさんが何やら浅い浅いと異変を感じている様子。

聞くところによると、以前に竿を出した時よりも1mほど浅くなってしまっているとの事。



自分は二十四尺を振ってみましたが、ハリスカッツケにしてやっとウキが馴染みましたw

水深50〜60pという状況でしたが、釣り支度を整え終えたところだったので、

一応ダメもとで餌を打ってみることに。










しかし予想通りになにも食ってきませんw

暇なので草の実を撮影してみました。 これは今までに見たことがありません。

流山には生えていない草なのかな?



12時過ぎ、アタリが出ないのでここも脱出しましたw







再び同じ場所に戻ってきて午後1時頃より釣り再開です。

カヌーの練習は午前中だけのようで静寂が戻ってきました。




しかし風が無くなり水面ツルツルでアタリが出ませんw








暇なのでトンボの写真を撮って遊びましたw









ススキの穂も開き始めています。









今日のプロ野球チップスは日ハムの近藤選手と西武の山川選手でした。





アタリが出ず、ただウキを眺め続けるだけという時間が流れていきます。

前日には居たジャミが全く釣れないのは不思議ですねー。








竿を持ち上げたときになにか水の抵抗を感じたと思ったら、こんなヤツが!!ww

昆虫ゼリーかな?  センターばっちりじゃないですかww









なにしろアタリが無いもんだから暇つぶしをしてばかりw

京成線を1/15秒で流し撮りしてみました。










何も釣れないまま電気ウキでナイター突入。










暗くなるといきなりマブが釣れ始まりました。



これまでノーピクだったのが嘘のように、枚投のように釣れてきます。

いきなり始まった乱打戦。 Cさんも自分も真剣勝負で次々とマブを取り込みます。





途中でCさんが33pの本命を一枚Get!

自分は34pのマブが最大でした。

午後6時20分に試合終了。





20-23の3点差でまたしても負けちゃいましたw

途中で一枚釣れたヘラブナの4得点が勝敗を分けました・・・。






Cさんとの対戦成績

2勝10敗1分






本日の釣果

マブナ x 19