2020年10月4日(日)

印旛水系の鹿島川で釣りを開始しようとしていたCさんに合流させてもらいました。

朝8時頃、佐倉橋下流右岸で釣り開始です。




自分は十九尺、Cさんは十七尺。









ポツポツと弱い雨が降る中、今日も勝負が始まりました♪









餌はペレ底に凄グルといもグルを少々加えたものを使用。






ところがこの場所はジャミしかいませんでした(汗)

二人で11時過ぎまで頑張ったんですがフナ類は完全不在w










印旛新川の神崎川吐き出し護岸に移動してきました。

お互い二十一尺で釣り再開。









マブが釣れ始まって勝負らしくなってきましたw











午後3時頃、うっちさんが現れて勝負相手が二人になりましたw

自分はこの時点から竿を二十四尺に変更。



リウマチの症状も収まって手首の調子が戻ったので、もっと長い竿を買おうかと

現在考え中なもので、久々に長竿の感触を確かめたくなったからでした。




しばらくぶりに振った翼の二十四尺は全く苦も無く余裕で仕掛けが入ります。

これより長く重くなると、どんな感じなんでしょ?











二十一尺では出なかった尺ヘラが二十四尺では釣れました♪

長いほうが良いのか? ただの偶然でしょうか?





Cさんはヘラ一枚を含むマブの大漁で完全にリードされちゃって、

それはもう全く勝ち目のないほどに・・・(汗)


うっちさんとの勝負はまだまだ勝てそうな余地がありますよ!?







釣れるのはマブばかりですが勝負となるとこんな型でも楽しめます♪





夕方、ウキが見えなくなったところで試合終了。






Cさんの25得点に対して自分は10点で完敗っすww

うっちさんの方はどんなもんでしょ?






8−7の一点差で負けちゃいました〜w

一回の釣行で2敗とは痛いですなぁw









Cさんとの対戦成績

2勝5敗1分



うっちさんとの対戦成績

7勝5敗3分







本日の釣果

ヘラブナ x 1

マブナ x 6