2019年9月29日(日)


団体戦のチケットに付いていた500円割引券の有効期限が9月中だったので、

再び神扇池で一日釣りを楽しんでみることにしました。




中央桟橋の北寄りに入って東向きで竿を出すことにしました。





ジビさんは昨日購入したダイワFの十五尺で入魂の儀式を行うようですw






で、自分はというと・・・・









シマノ惜春十六尺。

のんびり釣りを楽しむんだったら柔らかい竿で曲がりを堪能してみようかな〜ってことで。











久々の螺鈿(らでん)が入った惜春。

アワビとかの貝殻の内側を砕いたものを散りばめています。

どうしてこんなに手間が掛かっているのに低価格帯の竿なのか謎です。











両グル底釣りを続けましたが、ちっとも釣れずに午前10時40分にギブアップw

底釣りは完全不発でした。 無念。











ちょっと時間が早いですが、配達してもらったお弁当で昼食です。

カレイの煮付け弁当 500円也。

なかなか美味でしたよ〜♪











昼食後、11時20分より八尺浅ダナ両ダンゴの開始です。

カウンターはゼロのままw









12分後に本日一枚目のヘラが釣れました。

およそ4時間経ってようやくボウズ逃れですw









浅ダナ両ダンゴを2時間やりましたが、たったの10枚というショボい結果に(泣)



ふたたび惜春の十六尺で底釣りをスタート。

今度は「冬ガッテン」で勝負してみます。










およそ30分経ってようやく底釣りでの一枚目が出ました。




ここからはポツポツと釣れていきます。

グルテンがダメだったのか? それとも午後からのほうが良いのか?

それにしても惜春は本当に柔らかい!w

竿が大きく曲がりながらのやりとりは楽しいものでした。





午後4時の閉園時間までやって底釣りは11枚。






それにしても神扇池ってのはキビシー釣り場ですなぁw








本日の釣果

ヘラブナ x 21

コイ x 1