2019年7月20日(土)


前回、丸山園で管釣りとは思えない厳しい釣りを経験したので、

今度は活性の高いヘラがよくつれる三楽園へ行ってきました。

(丸山園と三楽園は1qほどしか離れていません)




手前の一号池南側に釣り座を構えて支度をしているとジビさんがやってきました。











午前7時20分に釣り開始です。

十一尺でメーター両ダンゴ。





土曜日だというのに客がほとんど来ていません。

2号池は誰もいなくて、一号池も自分たちの他には5人だけでした。

あれほど盛況だった三楽園がこんなにガラガラとはいったいどういうことか?









今日の朝食はコンビニで買ったアボカド&ツナサンドでした。

おいしかったけど、なんだかカリフォルニアロールを食べているようでしたねーw











釣り開始23分後に一枚目のヘラ。








メーター両ダンゴはそれほど決まらず2時間ほどで7枚だけ。

それならばとメーターウドンセットに変えてみたけど、

これまた不調で1時間半やって8枚とショボい結果に。



ヘラたちの泳層はカッツケくらいの上のほうで、

なじむまでの間に何度もアタックされている感じでした。

とは言っても清遊湖や逆井のように水面でもみくちゃにされることはありません。

セット釣りなら数をのばせると思っていましたが意外な結果でしたねー。








こうなったら底釣りでのんびりしようかと思って十六尺をだしたら・・・












ちっこいのが釣れちゃいますww











たま〜に普通サイズのヘラが出ますが、ひたすら小ブナがヒットします。













小ブナとザリガニってダメージ食らいますねw











小ブナのリャンコw











この稚魚はいちおうヘラブナのようですが、あまりにも小さすぎて呆れてしまいますw




客が居なくなった理由はこれだったんですねー。

底釣りをやると小ブナばかり釣れちゃうのって管釣りとしては最も痛い状況ですよ。

年配の常連客の大半はのんびり底釣りを楽しむ人たちなわけだから、

こんなのばかりが釣れてしまう釣り堀は客が離れてしまうのも仕方ないですね。








結局十六尺の底釣りでは、まともなサイズは3枚だけでひたすら小ブナが釣れ続きます。

もうほんとにイヤになっちゃいましたww







昨年の夏にはジビさんが底釣りで普通サイズを100枚近くも釣ったそうですが、

今、三楽園の底には小ブナちゃんたちがじゅうたんを敷き詰めるように

ビッシリと陣取ってしまっているようですww

最近やたらと丸山園が混んでいるというのも、これが影響しているのかもしれませんねー。




もし可能であれば、皆が釣った小ブナを回収して野池に放流するなりして排除して、

新たに型の良いヘラを放流し直してほしいものです。

それが無理ならば、二つある池のどちらかに小ブナを全て移して、

小ブナが釣れてしまう池を当面の間割引料金にするとか!?w





底釣り縛りの管釣りは多々あれど、底釣りがやれない管釣りが出現するとは!www




いや、まあ・・・・・小さくても全然構いませんって方なら問題ないのかもしれませんが。






本日の釣果

ヘラブナ x 18

小ブナ x 30以上

アメリカザリガニ x 3