2019年10月27日(日)

前日の手賀川釣行の際、えいちゃんから管理釣り場「将監」の情報を貰ったので

早速うっちさん、ジビさんと三人で行ってみることになりました。


えいちゃんは放流翌日の底釣りで70枚という好釣果を得ています。

入った場所は大池南岸の中央付近で、十尺両ダンゴの底釣りが調子良かったそうな。





というわけで、日曜日の朝6時35分に現地に到着すると先にジビさんが来ていました。

放流二日目ということで来場者はやはり多いですねー。

えいちゃんが入ったのと同じ大池南岸中央付近に釣り座を構えました。




閃光XXの十一尺にて両ダンゴの底釣りでスタート。

餌は「夏冬」。 今回は半々ブレンドではなく、夏100cc、冬20ccとバラケ易い仕様に。

ジビさんは十五尺両グル底釣りで開始していました。




餌打ち開始早々に珍しいヤツがヒットしました。






ズナガニゴイ



かなり久しぶりのご対面でした。

以前にどこで釣れたかは思い出せません。

ニゴイとツチフキを足して二で割ったようなヤツですねw





十五尺底釣りから浅ダナにチェンジしたジビさんが2枚立て続けに釣り上げました。

う〜ん、自分も宙狙いに変更しようかなぁーって思い始めた頃、

底釣りの自分の竿にもヒットです♪






どうやら新ベラのようです。









これも変わった体形をしていますが新ベラでしょうね。

運搬されてきたトラックから流しそうめんのように池へ移す際にできた傷のようです。











釣れ始まってすぐに新ベラのリャンコも出ましたよ♪






しかし魚群は回遊して行ってしまうようで、いきなりウキは動かなくなります。




竿を古今八尺に変えると少しだけ連続ヒット。

でも放流二日目となると警戒し始めるのか?新ベラ祭りには程遠い感じですねー。





午前11時、16枚釣ったところでうっちさんの登場です。







一旦竿を上げて、うっちさんの釣りの準備が整うのを待って勝負開始です。




竿はそのまま八尺で両ダンゴの底釣り続行。

うっちさんは九尺スタートで途中から十二尺に変更していました。









40pのヘラも釣れました。

ここ将監の魚は大型が結構混ざっています。




自分の八尺は釣れ続いたり止まったりの繰り返し。

うっちさんも三連続したり沈黙したり。

それでもえいちゃんの前情報通り、グルテンよりもダンゴに反応するようです。






うっちさん、ジビさんは午後2時半に早上がりなので正味3時間の勝負となりました。

終了時刻寸前にうっちさんは上りベラGet!

今日は23−11で勝つことが出来ました♪




お二人が帰った後、竿を閃光XXの十六尺にチェンジ。

閉園時間まで沖目の底釣りでのんびり釣ってみることに。





と、 これが全然あかん!w

残り時間はたったの6枚しか釣れませんでした〜。




まあそれでも将監は他の管釣りに比べて魚の活性が高くて良いですね〜♪







うっちさんとの対戦成績

21勝21敗4分







本日の釣果

ヘラブナ x 44

ズナガニゴイ x 1

ブルーギル x 3

タモロコ x 少々