2019年10月26日(土)

千葉県内で記録的大雨となった前日の金曜日。

西印旛沼の水位は通常時よりも2m上がっていて竿を出せそうにないので、

足場が無くなるほどまでは増水していなかった手賀沼で竿を出すことにしました。




我孫子高校野球グランド前で釣り開始です。

今回の大雨では、この時期の平均水位よりも80pほど増えていましたが、

ピークを過ぎてからは減水していき、釣り場到着の朝7時には43p増の状態でした。



閃光Rの十七尺にて両グル底釣りでスタート。

いつもなら水深60pほどの浅場ですが、1mほどあって釣れそうな雰囲気です。





釣りを開始して15分ほどした頃、おーつかさんが登場。

話をしながら餌を打っていくと、24pほどのマブがヒット。

これを見ていたおーつかさん、ヤル気スイッチが入ったようです。






二人で並んでの釣りとなりました♪












ちっこいながら形の良いヘラが釣れました。











引きの強いのがヒットしましたがヘラじゃないんですねー。



十二尺を選択したおーつかさんは、自分の釣果を一気に追い越しましたw

ヘラもマブも自分の倍以上釣っていて、兎谷津での悪夢が脳裏をよぎりますw




しばらくしてうっちさん登場。

どこでやろうかと色々と釣り場について話した結果、元々の激浅ポイントに向かって

姿を変えつつあるこの場所よりも、ある程度深い手賀川へ移動することになりました。





フェンスワンドを下見しましたが、なんとなく南岸の水門が気になったので、

曙橋ワンド出口付近にある水門のコンクリ護岸右側でやることに。









開始早々、右端に入って十八尺を選択したおーつかさんにマブ君ヒット。



これはマブの大漁祭りかと期待しましたが、その後全員にジャミの猛攻がw







うっちさんと同じく十七尺スタートでしたが、ジャミばかりでフナ類が一向にヒットしません。

一方、左隣のうっちさんはフナ類をしっかり釣りあげていっています。




竿を翼の十二尺にチェンジ。

水深は十七尺のときと変わらず。




午後1時過ぎにジビさん登場。

みんなの釣果がジャミと小マブなのを見てヤル気が出ないようで様子見モードにw

しばらくしてから水門左側に釣り座を構えて釣りを始めていました。





おお!?

今度は、えいちゃん登場! 管釣り「将監」の帰りに立ち寄ってくれました。

前日に新ベラ放流があったそうで、底釣りで70枚釣ったそうな!

しかも兎谷津のような手のひらに隠れてしまうスモールサイズではなく、

尺越えの良型が放流されているそうな。

むむ!? 翌日の行き先は将監で決まりですなぁw





午後3時頃、おーつかさんは納竿。

自分が小マブ一個で1得点なのに対して、うっちさんは7得点w

連敗脱出は今日も無理っぽいですねぇ(泣)



こりゃー場所が悪いのかも!?

おーつかさんが撤収した右隣へ移動して竿を閃光Gの十八尺に変更。






するとやっぱり場所だったみたい!? 小ベラがヒットですよw











ヘラっぽくも見えるけどマブでしょうな。











尺以下のマブは1得点。 うっちさんとの勝負はマブでも楽しめるんですよね〜♪






午後4時半過ぎに餌切れ終了。





がんばって追い上げたんですが届きませんでした〜。

8−10の2点差で今日もうっちさんの勝ちw

ムキューーー、遂に勝敗が逆転しちゃいましたぁ〜(泣)






うっちさんとの対戦成績

20勝21敗4分







本日の釣果

ヘラブナ x 3

マブナ x 8