2019年3月24日(日)

今日も岩戸ですw

現地に到着した朝5時半で外気温は−0.5°とかなり冷え込んでいます。

こんなに寒くて果たして浅場にヘラが入ってくるんだろうか?





朝6時頃、ワンド上流側浅場に釣り座を構えて餌打ち開始です。



竿は頼刃またたき九尺。

餌は「新べらグルテン底」単品。

水深はおよそ70p。

道糸3号、ハリス1.5号、針は強靭エアロ13号。











6時半に38pのヘラが釣れました。

冷え込んだ朝ですが、浅場の草が時々揺れます。

乗っ込み準備段階のヘラたちは浅場をうろついているようです。









7時半に大きいのが釣れたので大喜びで検寸台に乗せたんですが41pしかありませんでしたw



自分はあまりヘラの釣れないヘラ師なので、体高のある野べらを見慣れていないから、

ちょっと幅広なヤツを見ると巨ベラに見えちゃってコーフンしちゃうんですねー情けないww











やがてジビさんが到着して下流側の前日にうっちさんが竿を出していた場所に入りました。











正面からの風が次第に強まってきて波が打ち寄せてきます。








大波を我慢して続けていましたが9時過ぎに我慢の限界に達し、ジビさんの居る下流側に移動。












風は右斜め後ろからなので水面はとっても穏やか。





しばらく餌を打ち続けましたが全くのノーピク。

お昼を過ぎた頃、寒さと大波覚悟で思い切って下流側へ移動することに。









前日にロッテさんが竿を出していた場所で釣り開始。










ジビさんは風を背にする位置から岸より狙い。








しかし冷たい風と大波とノーピクに敗北して仕方なく元の場所へw

20分ほどで我慢の限界に達しましたw

ジビさん、荒行に付き合わせてしまってスマンですw













元の場所に戻りましたがアタリが全然出ませんw

ジビさんはポツリポツリとマブ君を釣り上げていますが、こちらはノーピク。






風が少し弱まってきたところで、よっちさん登場。

さっきまで自分が荒行をしていた場所に入って釣り開始。

もうちょっと我慢して続けていたら風が弱まったんだけどなーw







アタリ出ねぇー、サワリもねぇーって失望していたら午後2時過ぎからウキに変化が出始めました。










2時14分、いきなりヘラの登場です。サイズは40p。






そしてここからまた魚っ気が消えましたw





風も弱まってきたことだし最後に朝やっていた上流側浅場にトライしてみますかー。










午後3時53分、最初の場所に戻ってきました。




すると3投目で35pのヘラ君がヒット♪

やっぱりここが一番釣れるポイントかな?











しかしこの場所、夕方は水面ギラギラで超やりにくい!ww











日没後、まだ一応ウキは見えるという時間帯に何やら大型ヘラをスレで引っかいちゃいました(汗)

一瞬曲がった竿に伝わった重みは今日一番の大物って感じだったのでショックが大きいです・・・。






二日間、集中して同じ場所を攻め続けて疲れたぁ〜w

まあ今後も岩戸を狙っていくわけですがw







本日の釣果

ヘラブナ x 4

マブナ x 4