2019年2月23日(土)

プロ野球のオープン戦が始まったこの日、今年の乗っ込みシーズンの前哨戦ということで、

乗っ込み巨ベラ狙いのオープン戦を開始することにしましたw

狙った場所は印旛新川の上流部。

毎年大型狙いで通っている岩戸機場前のワンドです。



まずは枯れ草の刈り込み作業ということで、あちこち竿が出せるように体を動かしていたら

終了までになんと3時間ww

鋸鎌と植木ばさみを動かし続けていた腕は疲労の極致に達し、

その後の仕掛け準備作業は筋肉の疲れで手の震えが止まりませんww

なにもそこまで根詰めてやらなくても・・・ww

我ながら呆れてしまいましたw







10時19分、切り開いた釣り場で巨ベラ狙いのオープン戦開幕です!w











まずは嵐馬の十七尺で枯れ葦のちょい先を狙ってみます。


道糸2号、ハリス1.2号、針はギガボトム8号一本針。

餌は「新ベラグルテン底」+「α21」を2:1の配合。

水深はおよそ70p。





正面から風が吹いてきますが、せいぜい風速3〜4mなので

立ち上がって思いっきり竿を振り下ろせばきっちり奥まで仕掛けは入ります。





何事もないまま時間が過ぎていき、11時を回った頃にうっちさんが現れました。

うっちさんが釣り道具の準備をしている間に尺マブが2匹上がりました。






マブ君が浅場を徘徊し始めたということは、大型ヘラも近くに来ている可能性がありますね。











左隣に釣り座を構えたうっちさんと今日も勝負の始まりです。











午後1時半過ぎに38pのヘラが釣れてまずは6得点先取です♪






と、ここから何故だか魚の気配が消えました(泣)

ひたすらノーピクが続きます。










思い切ってコンクリ護岸側の平場へ移動してみました。











うっちさんは機場出口の深場狙い。

ここでやすべえさんが様子見に現れました。

(差し入れの缶コーヒーありがとうございました)







やすべえさんに左側の釣り座をおススメしたら様子見だけかと思っていたら釣りを開始しましたよ。








コンクリ護岸からは煉の十三尺で餌を打ち続けたんですが、いつまで経ってもサワリすら出ません(汗)












ノーピク地獄にしびれを切らして元の場所へ戻りましたw

うっちさんは吐き出し前の深場で続行です。











再び十七尺で餌を打ち続けますが夕方のチャンスタイムが迫っているというのにウキは動きません。

風が止んで水面がツルツルになってしまったのも良くないようです。





おおっ!

スポナビで試合展開をチェックしていたヤクルトスワローズvs阪神タイガースのオープン戦は

8対3でヤクルトの勝利ですよ〜♪










なんか雨が降り出したなーって思ったら背後に黒雲が!








心配した雨もすぐに止んで夕方のチャンスタイム突入です。










泣き尺のマブが釣れて7点目が入りました♪





うっちさんは尺以下のマブが3匹で3得点。

ということはあと一匹小マブを釣り上げればヤクルトの試合と同じ8−3での勝利ですねww








う〜ん、そうは上手くいかないようで、結局7点のまま終了です。

今日の試合では2匹しか釣れませんでしたが、35p以上のヘラということで6得点できて勝てました。





と、ここでうっちさんとの勝負のルールをおさらいしてみますと・・・・


マブナ

30p以下 1点

30p以上 2点

35p以上 3点

40p以上 4点


ヘラブナ

30p以下 2点

30p以上 4点

35p以上 6点

40p以上 8点

45p以上 一発勝利でゲームセットw


アメリカナマズ及びカメ(クサガメ、アカミミガメ)

スレ掛かりでも1点減点


スッポン

3点取得




他の魚種はノーカウント




ということなんですが、勝負を始めてからいままでに尺半で一発勝利というのは無いんですよね〜。

今年の乗っ込みシーズンには是非そんな勝利を決めたいと思います♪






うっちさんとの対戦成績

5勝1敗4分








本日の釣果

ヘラブナ x 1

マブナ x 1