2019年2月16日(土)

せっかく休日になったにもかかわらず、なんとなく釣りに行く気が起こらず

家でのんびりと朝食をとってからテレビを見ながらボケーっとしていたら

かみさんから筑波山方面にある宝篋山という山に一緒に登ろうとの突然の打診が。



標高461mとの事なので行ってみようかと思ったけど、運動不足の体には

そんな低山でも厳しそうだったので、近くの野池で竿を出すことにして一緒に出掛けてきました。



午前11時頃、登山口の駐車場に到着してみたら70台の駐車スペースは満車で止められずw

こんな低い山でも大勢やってくるとは登山人口って多いんだなぁ〜。



下山まで4時間くらいかかるんじゃないか?ってことなので、

登山口でかみさんを降ろしてから近くにある農業用溜池へ行ってみました。






やってきたのは侍池という名の溜池です。

バサーが3人居ただけでヘラ師はいません。

ヘラ師が居ないってのはもしかしたらヘラ不在の池なんじゃないかとちょっと気になりますねー。

事前に水深を測ってみたら短竿くらいの近さで二本(180p)ほどあります。

これは良さそうだと早速竿をだしてみることにしました。











12時10分頃、閃光Rの十七尺で両グル底釣りで釣りスタートです♪





すぐ近くに筑波射撃場というのがあって、しきりにクレー射撃をやっている発砲音が聞こえてきます。

前方の山は採石場になっていて、崖に作られた道を超大型ダンプカーが動いているのが見えます。








2投目くらいだったか、なにやら前方の山からサイレンが聞こえてきました。

3回連続で鳴ったので何事かと思っていたら・・・・・・、



「ボン!!」 って爆発音が聞こえてきて、その方向を見ると盛大な土煙が上がっていましたw



発破作業開始を知らせるサイレンだったわけかw





3投目・・・・4投目・・・・。

全くの無反応。





近くまで歩いてきたバサーにちょっと尋ねてみました。






「ここでヘラ師を見たことあります?」






「え〜〜〜、無いっすねぇーーー」





マジですか!wwww





慌ててここの池の名前の侍池をネット検索してみました。






おー! 一つだけヒットしたぞ。 なになに?





対象魚、ブラックバスとしか書かれていないんですけど!!ww





ムキィーーーーヘラ不在だったみたい・・・・・w






地図でみると隣り合わせで東側に大池ってのがあるみたい?

じゃあそっちはどうなのか?




テクテク歩いて見に行ってみると、なんだか良さそうな雰囲気。

葦の茂みもあってここなら間違いなくフナ類は生息しているだろーってな感じです。










というわけで隣の大池に移動してきました。

水深は70pほどしかありませんが、鯉か鮒か何かが浅瀬を泳いでいるのも目撃したので、

一気にやる気が出てきましたよ〜♪




閃光XXの十三尺を継いで仕掛けを取り出して準備していたその時!!


かみさんからの電話が鳴りました。


なんだなんだ? 山で怪我でもしたのか?って恐る恐る出てみると・・・・・





「もう下山したから迎えに来て〜」 だってさww




おいおいちょっと早すぎじゃねーの!?

まだ2時間ちょっとしか経ってないしぃ〜。







というわけで、大池では餌を打つことなく無念の撤収開始となりましたw

むぅぅぅぅーーーー、こんな短時間しか竿を出せないなんて消化不良っつうか話にならんわ!w

片道1時間ちょいで登頂しちゃったそうでw

なんだよー! 最初は午後4時頃とか言っていたくせに〜!ww





このままでは物足りないので、帰りの常磐道を谷田部インターで降りて、

稲荷川の三日月橋までやってきて竿を出すことにしました。







午後3時、三日月橋上流側西岸で閃光Lの二十一尺にて釣り再開です。

かみさんは助手席を倒して睡眠中。







釣り人、割と大勢来ています。

橋の下流側西岸に車が8台、対岸にも9人。

その常連さん達からアタリが出ないという声が聞こえてきました。

だれも何も釣れていない様子。




じゃあ、あとから来てサクッと美ベラを釣っちゃおうかな〜!





なんて夢を見て餌を打ち続けましたが、こちらもまったくのノーピクww







午後4時半、一度のサワリすら無いまま終了です(汗)











本日の釣果

おでこニョ〜ン