2018年9月29日(土)


マーちゃん、ジビさんと一緒に丸山園で竿を出してきました。

のんびりと底釣りを楽しもうと思って竿は長めの十六尺を選択。




今日は人が少なめで対岸に三人、左のほうに三人とガラガラです。





ジビさんは左隣で十三尺底釣り。

自分と同じく夏冬マッハでやっています。

少し遅れて到着したマーちゃんはジビさんの左隣に入って短竿浅ダナウドンセット。










餌打ちを開始してから1時間半経ってようやく一枚目が出ました。




その間に十三尺のジビさんは確か10枚くらい釣っていたんじゃないかな?

十六尺の場所が良くないとかそーゆーのではなく、ただ単に食いアタリを

見極められない自分に原因があったようです。



終始、鋭いツンとかチクっていう典型的なアタリを待ち続けてしまった自分とは違い、

ジビさんはここのヘラが食うときのウキの動き方を見抜いて反応できていたようですねー。





10時になってたったの3枚w

竿を十一尺に変えて底釣り続行。






やたらとアメリカザリガニが釣れちゃいますねー。

ジビさんが言っていたんだけど大きめのブラックバスを放流して

ザリガニを駆除したらいいんじゃないかな? ジャミも居なくなるし。

水草が無いので繁殖してしまう恐れもないですからねw







午後1時頃だったかマーちゃんは先にお帰りに。

30枚以上釣れたとの事。 短時間でそれだけ釣れたら満足できたんじゃないかな?

一方こちらは朝一番からやってまだ5枚ww










本日のリャンコはこの一回のみ。  こんなことってあるのか!?ww

ある意味これは価値あるリャンコなのでは?







午後2時から九尺浅ダナ両ダンゴを始めました。

なんか、6枚ぽっちの釣果で帰るのは寂しすぎるもので・・・・w






しかしここ丸山園は釣れるヘラが大きいので引き味が楽しめますねー。







午後3時20分頃に終了。






食いアタリを見極めることの大切さを再認識させられた釣行となりました。







本日の釣果

ヘラブナ x 15

マブナ x 2

タモロコ x 多数

アメリカザリガニ x 6