2018年8月5日(日)


かみさんの実家へ行く用事があったので近所の新利根川で竿を出してみました。

この日も猛暑日だったので、羽子騎橋下流南岸の木陰ポイントを釣り場として選択。




木陰と言えども風が無ければ耐え難い暑さですが、

西風がやや強めに吹いていたので快適な釣り場でした。




嵐馬の九尺にて両ダンゴの底釣りです。

餌は流れのあるポイントだったので夏と冬を1:2の割合で配合。

水深はおよそ1.2m。

魚たちもきっと暑さを避けて日陰を好むんじゃないかと想像して、

敢えて九尺で日陰に餌を打ち込みます。






5〜6投目で早くもアタリが出始めて・・・・










オオタナゴの登場ですw





アタリは出まくりですが空振りばかりでたまにオオタナゴというジャミ地獄。









ちょっと違うジャミが釣れたかと思えばワタカでしたw



なんかワタカってシシャモっぽいと思いませんか?w

まあでも味は全然違うんでしょうね。

食べておいしければワタカの名前も有名になっている筈ですからねw











ジャミアタリがフッと消えたかと思ったら23pほどの半ベラが釣れました♪

昨日はジャミしか釣れなかったので、こんなマブでも嬉しいものです。











餌の投入点にはオオタナゴが大集合している模様です(汗)













マブ君がもう一回釣れましたが、ジャミの魚影が濃すぎて続けるのがしんどくなりましたw








釣り場を変えてみますかねー。






下流の深いエリアを試してみます。









やってきたのは太田橋上流南岸。













風刃の十三尺にて先ほど同様に底釣りです。

水深は2.2mほど。







ここでもジャミは容赦なく食ってきます(泣)

しかしこっちはオオタナゴではなくてタモロコとスゴモロコ。












午後3時半に小型ながらヘラブナきました〜♪


一枚でもヘラが釣れると気持ちがだいぶ楽になりますねー。











20分後に尺超えのマブ君。







しかしこの後は何故だかフナ類の気配が完全に消えてしまい、

ウキの下にはジャミだけが残りました(泣)






午後5時までやって追加無しで終了。






多少遠くても良型ヘラの釣れる野釣り場へ行きたくなりましたねー。

まあ、行くのが面倒になって近場の管釣りになる可能性が高いですがw









本日の釣果

ヘラブナ x 1

マブナ x 3

ワタカ x 1

スゴモロコ x 1

タモロコ x 多数

オオタナゴ x 多数