2018年7月21日(土)


司大さんと一緒に兎谷津ヘラブナセンターへ行ってきました。

この頃の手賀水系は小マブばかりでヘラが釣れても手のひらサイズなので、

どうしても引き味の楽しめる管釣りに足が向いてしまいます。




朝7時半頃、先に到着していた司大さんに合流しました。



超暑いこの時期、南岸で太陽と風を背にしてやるより、北岸でそよ風を

正面から受けながらやった方が心地よいだろうと北岸で竿を出しました。



日中は前方から差し込む日差しを遮るために日除けパラソルを前に倒し気味で

差すので振り込みにくくなりますが、真夏はやはりこれが正解!

風は正面から受けた方が断然涼しいです♪



まあ自分は空調服を着ていたので風の恩恵を受けるのは下半身だけですがww







余談になりますが、今年も埼玉県幸手市の神扇池で8月18日(土)に行われる

ペア大会の参加申し込みをしました。

昨年同様、自分がペアを組むのはうっちさん。

チーム手賀沼からは他にS山さん&ジビさんペアと、

昇天さん&司大さんペアがエントリーします♪

まあ入賞を目指すというよりも、大会という非日常を楽しむのが目的ですねw

上位を目指せるだけの実力は備わっていませんから〜〜〜ww



それでもまあ当日は沢山釣れるに越したことはないですので、

今日もここ兎谷津ではペア大会を見越したプラクティスって感じでやっていきます。





まず最初に試してみたのは中尺竿でのカッツケ両ダンゴ。

閃光XXの十三尺でウキ止めからオモリまで40pで狙います。

(神扇池はタナ規定が無いんですよね〜)



餌はガッテンにB.B.フラッシュといういつもの配合です。








朝8時に餌打ちを開始してからたったの2分で一枚目が釣れちゃいましたww





その後もカッツケで釣れ続きますが、ここ兎谷津って一つの群れを釣りきってしまうと

パッタリと釣れなくなるような印象を受けますね。

次の群れがやってくるまではサワリが出ないんですよ。




11時頃に竿を慶匠九尺にチェンジ。

この時点でヘラ23枚、マブ2枚。

うーむ、この釣果だとそれほど好調とは言えんかなー。







九尺カッツケはアタリが出るまで時間が掛かりましたが、

群れが集まってしまえばまた連釣が始まります。






結局この日は暑さに負けて午後1時半に早上がり。

空調服を着ていても厳しい暑さでしたw






本日の釣果

ヘラブナ x 37

マブナ x 2