2018年6月9日(土)


マブの魚影が濃くてウキがよく動いて楽しめる印旛捷水路に行ってきました。

とはいうものの、一応本命ヘラブナを期待しての釣行ですw


朝、現地に到着すると既に司大さんが準備を始めていました。

閃光XXの十一尺にて、先ずは両ダンゴの宙狙いからスタートです。

前回ここで竿を出したとき、仕掛けを回収しようと竿を持ち上げたら何か大物を

スレで引っ掛けて素早く走られた経験をしていたもので。






しばらくしてうっちさんが到着して司大さんの右隣に入りました。


今日も勝負が始まります♪




うっちさんも自分もお互い両ダンゴの宙狙いでやっていきますが、

期待していたとおりにはアタリは出ませんw





結局お互いに辛抱続かず底釣りにww











底釣りでは予想通りにマブ君が楽しませてくれました。



針は上下共にギガボトム4号で餌は「いも四季α」のポンプ出しです。

まるで冬場のような小針に小餌ですが、暖かいこの時期でも

今までの標準的な大きさの針でやるよりもヒット率が高いということに気づいたもので。







途中からジビさんも加わり4人並んでの釣りです。

途中、うっちさんとお互いにアメナマ覚悟の十七尺勝負というのをやりましたが、

運よく沖目の深場でアメナマはヒットせずにマブしか出ませんでした。












子ベラっぽいのが釣れましたが微妙なので一応マブ判定ということで。







うっちさんは用事があって午後2時にお帰りに。

それまでの短時間勝負ということで今日は17−16の僅差で勝利できました♪







司大さんも本日の釣りは終了ということでお帰りに。

ジビさんと一緒に手賀沼へ移動することになりました。










手賀沼の野球グランド前で釣り再開。



入った場所は左端付近です。

前回やった中央付近よりも20〜30pほど深いですね。











閃光XXの十三尺で両グルの底釣りです。













印旛捷水路よりもマブの型が良くて引き味が楽しめました。











30.5pの半ベラが本日の最大魚でした(汗)











夕方までがんばってみましたが本日はヘラブナの顔を拝むことなく終了ですw




この時期、本命に出会うのが難しいですね〜。

新木水路とか小貝排水路へ行けばヘラブナが釣れるのは分かっているんですが、

狭い水路は個人的にあんまり好きじゃなくて広々とした場所で釣りたいんですよねー。







うっちさんとの対戦成績

12勝10敗5分







本日の釣果

マブナ x 34

コイ x 1

ブルーギル x 1

ウグイ x 1