2018年5月1日(火)


水門調整によって近いうちに水位が上昇するらしいとの情報を得ていた西印旛沼へ行ってきました。

朝一番で師戸機場前の浅場に到着。

水位はまだ上がっていませんでしたが、増え始めたら浅場に魚たちが入ってくるんじゃないかと

期待して竿を出してみることにしました。




十二尺の振出鯉竿に道糸3号、ハリス2号、強靭エアロ13号で今日も巨ベラの出現を待ちます。






しばらくして司大さんが到着して左隣の釣り座で餌打ち開始。

さらにうっちさんも到着して右の方の釣り座に入りました。

今日も試合開始ですw






以前にここで竿を出したときはデカマブ祭りになりましたが、

今日はウキがちっとも動かず魚っ気まったく無し(汗)






2回ほど何かヒットしましたがスレ掛かりだったようですぐに外れました。

10時過ぎにあまりの釣れなさに痺れを切らして移動することになりました。










やってきたのは印旛沼中央排水路。



ここの存在は昔から知っていましたが、車が停めにくそうだな〜って思っていたので、

今回竿を出すのが初めてとなりました。



旧・煉の十五尺で乗っ込み仕様の太仕掛けで餌を打ちます。










右側のうっちさんは十七尺。











左側の司大さんは十六尺。











アタリが出たかと思えばオイカワが釣れちゃいましたw

昔はどこでもよく釣れましたが、最近は減ってきましたねー。






その後はほとんどウキが動かず。

風もなく暖かな日だったのでウトウトしていたら本格的に眠りに入ってしまったようで、

司大さんの「おい、アタリが出てるよ」の声に目覚めましたww

いびきをかいていたそうで・・・・ww




眠気がとれて、さあ釣るぞ〜ってところで天気予報通りに南東風が吹き始めて

次第に強まってやがて大荒れに・・・。





これでは続行不可能ってな強風でまたまた場所移動決定!(泣)









風裏となる印旛捷水路にやってきました。





うっちさん、司大さん共に十一尺くらいの竿で菱藻が生えている手前狙いでしたが、

自分は嵐馬の二十一尺を取り出して深場にいるかもしれない大型ヘラに狙いをつけてみました。







しかーし!











なんと減点対象の米国鯰じゃないですかww


初めてのマイナススタートとなってしまいましたw






やがてうっちさんと司大さんがマブを釣り上げ始めたのを見て長竿をしまって

自分も十一尺を出すことに。










するとヘラがヒット♪











マブ君もポツポツと上がりはじめて得点は7点に。



この時点でうっちさんには既に点差をつけられて負けています。







三人ともアタリが途絶えて退屈な時間が流れていた時、

魚は深場に移動してしまったんじゃないかと想像して、再び二十一尺で勝負に出ました!










すると十一尺ゾーンでは動かなくなっていたウキが動くじゃないですか♪









アワセを入れるとイイ感じの強い引きです!

















ぎゃぁぁぁーーーー!  貴重な点が・・・・!!(泣)








こうなったら深場から良型ヘラを引っこ抜いて一発逆転コース狙いだぁ!








と思ったら、アメナマもう一本追加〜!www







深場での大型狙いが完全に裏目に出てしまいましたww







やがて餌が無くなったタイミングで勝負は終了です。





4−15で今回はうっちさんに負けちゃいましたぁ〜!(泣)






うっちさんとの対戦成績

10勝9敗5分








本日の釣果

ヘラブナ x 1

マブナ x 5

オイカワ x 1

アメリカナマズ x 3