2018年4月21日(土)


朝一番で病院へ行ってから釣り場に向かいました。

時刻はすでに10時15分。

この時間からの車での移動は道が混んでいて時間がかかりますなぁー。



11時半頃、北印旛沼の吉高機場に到着。

じっくり時間をかけてあちこち水面をチェックするものの、浅場に魚の入っている気配は無し。





西印旛沼の師戸機場前。

南風が強すぎて大波ザプザプで非常にやりにくそうな状況だったのでパス。





印旛新川上流部の岩戸機場前の浅場。

風は正面から吹いていて大波が押し寄せています。

魚の警戒心が薄れていて釣れそうな気はしたものの、状況が過酷すぎて竿を出す気になれず。




次に神崎川をチェック。

まあまあ濁りは入っている方なので釣れそうではあるけど、今一つ物足りない。





桑納川に到着。

小さな流れ込み脇で短竿勝負をしていた人から状況を伺うと良くないようです。

濁りはそれほど入っていません。





もう一度神崎川に戻って竿を出すかどうか暫し迷った後、

亀成川で竿を出しているうっちさんとジビさんの状況を電話で確認。

とりあえず合流してみることにしました。






亀成川到着。

うっちさんが目の前でヘラブナを一枚釣り上げたので隣で竿を出すことにしました。









車から釣り道具を取り出そうとした時、もう一人の自分が話しかけてきました。




「年に一度の大型が狙えるこの時期に40pに届くかどうかのヘラを狙うんでいいのか?」

「自己記録の更新目指して巨ベラが期待できる場所で竿を出した方がいいんじゃない?」



確かに釣り仲間と一緒に竿を出すのは楽しいし、うっちさんとの勝負も出来ます。

だけどそれはこの乗っ込みシーズン以外でも楽しめるわけだから、

今やるべきことは一つ、やっぱり大型狙わないでどーする!?



ということになり、ジビさん、うっちさんに別れを告げて向かい風の強い過酷な釣り場へと向かいました。












岩戸機場前の浅場に戻ってきましたw

風波が打ち寄せますが巨ベラ釣りたさで気合いれて竿を出します。







魚信がもらえなかったので少し深い場所へ移動することに。










コンクリ護岸左端から九尺で浮草の脇を狙います。





アタリが出てもマブ・・・・。









夕方になって風が収まって水面がおだやかになってしまいました。













相変わらずアタリにあわせてもマブ君。











ヘラっぽいのが釣れたけど手のひらサイズ。









夜8時ごろまで頑張ってみましたが完全な不発に終わりました。

残念ながら今日は大型が回遊してくる条件ではなかったようです。






それでも巨ベラが期待できるポイントで竿を出すのはやっぱりワクワクして良いものですね♪







本日の釣果

マブナ x 4

ヘラブナ x 1