2018年4月15日(日)


印旛新川へ向かう途中、神崎川をチェックしてみると濁りが入っていて

釣れそうな条件になっていたので急遽竿を出してみることにしました。




浮草脇を狙ってみますが大和田機場が稼働しているようでガンガン流れで

非常に釣りにくい状況です。











流れが収まってから釣り座を20mほど下流に移動。

葦際が狙えるポイントで九尺を出します。






ジャミしかウキを動かさないので移動。


うっちさんとジビさんが印旛中央排水路で竿を出しているそうですが、

自分は岩戸機場前の浅場が気になるので今日は合流しませんでした。







岩戸機場前で粘り続けますがここもジャミばかりw













グルテン食い過ぎて口から吹き出しているクチボソ(モツゴ)のオスが釣れました。

ウロコの縁や鰭が黒くなって婚姻色になっていますねー。











ここではマブばかり。




一度だけ強烈な引きの強い謎の大物がヒットしましたが草の中に突入されてバラシました。

剛舟の十二尺でやっていたんですが、竿の弾力では全く引き戻すことができず。

腹パンでランチュウみたいになった巨ベラってイメージの引きでしたので残念です。











暗くなって電気ウキスイッチオン。












尺前後のマブがイレパクですが、ヘラは現れませんでした。






暗くなってから印旛中央排水路での釣りを終えたうっちさんとジビさんが

様子を見に立ち寄ってくれました。

(うっちさん差し入れのコーヒーありがとうございました)





今日は一緒に釣りをしていなかったので、うっちさんとの勝負は無しです。







本日の釣果

マブナ x 15