2018年4月1日(日)


日曜日の朝一番。 先ずは印旛新川の岩戸機場前の浅場を狙ってみました。




朝5時半、剛舟の十二尺にて餌打ち開始です。





なんとっ!! 小規模ながらハタキがあるじゃないですか♪

いよいよ印旛新川もハタキが始まったか〜!





餌打ち開始からおよそ30分経った頃よりウキが動き始めました。








朝6時に44.5pが出ました。






が、






残念ながらスレでした〜(泣)











完全に明るくなってからはマブの登場。






せきろーさん、えいちゃん、マーちゃんがやってきて、このワンド各所で釣り開始。





しかし自分も含めてみんなアタリがでません(汗)











やがて南西風が強まってきて向かい風で大波状態ww







うっちさんも現れましたが強風に断念して対岸へ移動。

せきろーさんとえいちゃんは手賀方面へ。

マーちゃんも対岸へ。











そして誰もいなくなったw




先ほどまでせきろーさんが六尺を出していた場所に移動して煉の八尺で再開しました。


浮草が波を防いでくれているので水面は波立つことなくアタリが取りやすいですが、

肝心なアタリが出ません(泣)





と、





ロッテさん登場!






話を伺うと、なんと
昨日までハタキがあったそうで・・・・(笑)








今朝あったハタキで一回目の終わりだったみたい。

ロッテさん、昨日は相当いい思いをしたようで・・・・。

岸辺の草は揺れまくりで、1.2号ハリスがブチブチ切られたとの事。





昨日、手賀川でやっている場合じゃなかったなーw

なんてツイていないんでしょう!!w






さて、印旛新川も手賀川も一回目のハタキが終わってしまった今、

一体どこで竿を出すのが有効なのか?





とりあえず対岸に移動したうっちさんに状況を尋ねると・・・





なんか釣れているみたい!?








とりあえず三人のいるところへ移動。


対岸の機場前の深場で竿を出していました。













機場前ワンドの右端でウェーダー履いての立ち込み釣りを開始。

外来種の浮草脇の水深1mほどの浅場を頼刃またたき九尺で狙います。

本日のうっちさんとの対戦はここでスタート。






時々アタリが出ますが空振りばかり。






マーちゃんが先にお帰りに。

ジビさんとうっちさんは狙う方向を変えてみたりといろいろ試しているようですが、

アタリがサッパリのようで移動しませんかとの打診がありました。

うっちさんが納竿した後に尺くらいのマブが釣れましたがこれはノーカウント。






みんなで桑納川へ移動してみたものの、水が澄みすぎていて釣果が望めません。

ジビさんはここでお帰りに。









うっちさんと一緒にビリビリポイントに入ってみました。







ところがここもサッパリ釣れずw






餌が切れたところでお互いノーフィッシュで本日の対戦は終了となりました。






うっちさんとの対戦成績

7勝5敗5分







さて、ここからは単独で夜釣りですw










先崎干拓(まっさき干拓)の船溜まり脇で剛舟の十二尺で釣り再開です。







マブと半ベラが四匹、鯉ちゃん一匹で午後9時に終了。









本日の釣果

マブナ x 7

コイ x 1