2018年3月4日(日)


朝6時頃、印旛新川の八千代橋上流ジャカゴポイントに到着。

対岸にはマーちゃん、やすべえさん、せきろーさん、えいちゃんが竿を出していましたが、

川岸の道が桜まつりで交通規制となる情報を得ていたので、一本裏側の砂利道に

車を停められるジャカゴ側に入ることにしました。




閃光Gの十八尺にて6時半頃より餌打ち開始です。




対岸に入っていたマーちゃん、せきろーさん、えいちゃんがこちら側に移動してきました。

フィッシングライフさんも加わって5人並んでの釣りです。

やすべえさんはお帰りになった模様。











餌打ち二投目で尺マブがヒット。












小マブ君も動き始めたようですw

オレンジ色の防寒服を着ていたのでオレンジマブになっちゃったw





前回もお会いした I さんが現れました。

このポイントではどのような狙い方が適しているか教えてくださいました。









ウキは動きますがヘラは出ませんねぇー。








やがて天気予報通りに強烈な南風が吹き始めました。






大きなウキでドボンにして気合で続けましたが大波ザプザプでかなりキビシー状況です。







我らがチーム手賀沼のメンバーも一人、また一人と片づけを始めて・・・・・











そして誰もいなくなったw






我慢して一人残って続けましたが限界が訪れて遂に撤収開始w






逆水橋上流南岸のビリビリポイントに向かいましたが暴風で竿が出せません(汗)









上流部の先崎干拓にやってきました。

対岸は昨日ナイターをやった岩戸機場です。

剛舟の十九尺で始めましたが、手前の葦際でも水深が変わらないことに気づいて

煉の十三尺に変更してスタートです。






強烈な南風でしたが、この場所は真後ろから吹くので大丈夫。










驚いたことにこの暴風を正面から受けることになる対岸で竿を出している人が!!





短竿かと思ったら少なくとも十三尺以上の長さを使っています。

こんな悪条件でも竿を出しているということは、同じような状況で過去においしい思いを

したことがあるからに違いありません。

水面大荒れで浅場に大物が回遊してくるんでしょうね。

いくら釣りバカな自分でも真正面からの暴風を受ける場所では竿を出す気になれませんw




2時間ほど餌打ちしましたが、マブすら無反応だったので移動したくなってきました。










堀の内カーブの内側に移動してきました。


嵐馬の十七尺で餌打ち再開。

水面大荒れなのでドボン仕掛けにして強いウキの動きを期待します。



ちょっと前からメールのやりとりをしていた よっちさんが現れて、

しばらく一緒にウキに集中します。




ダメです。 波が高すぎてアタリが読めませんw

水面の穏やかな場所で竿が出したくなってきました。

どこなら風が避けられるか検討した結果、桑納川へ移動することに。










本日4か所目となる桑納川でよっちさんと一緒に釣り再開です。


下流側の既設釣り台では、なのなの55さんが始めるところでした。

花見川でお会いしてからの三年ぶりくらいでしょうか。





煉の十三尺を選択。

流れが強まったり弱まったり。

後ろからの風だったのがいつの間にか上流の左からの風に変わってしまいました(泣)

まあそれでも本流の大波とは比べ物にならないほど水面は安定しています。





暗くなって電気ウキ点灯。

電池が弱くてよく見えない状態。

よっちさんが電池を一本プレゼントしてくださいました。(ありがとうございました)

いつも自分が使っているのとは別のメーカーのその電池、

普段の5倍くらい明るく点灯してくれます。






夜7時半頃にマブ君が釣れただけでヘラはここでも出ずw






8時になった時点で終了としました。






あちこち走り回って結局今日はマブしか釣れませんでしたww






本日の釣果

マブナ x 4