2018年3月17日(土)


土曜日、病院へ行ってから釣り場に向かいました。

以前に3月の中旬においしい思いをしたことのある稲荷川を釣り場に選択。

うっちさんは夕方から用事があるとの事だったので今回の勝負は無しかな〜?って

思っていたら、うっちさんも稲荷川へ向かうとの連絡がw

あまり時間がないのに遠い所へ呼び出してしまったようでなんだか申し訳ないですが、

今日も楽しく勝負することになりました♪





東風が強まる予報だったのもあって三日月橋の上流東岸の公民館下を釣り座に選びました。





嵐馬の二十一尺にてバランスの底釣りです。

餌打ち開始時刻は11時52分。









うっちさんは橋の下流側が良さそうと狙いをつけて離れ離れでの勝負開始です。



今回の勝負も魚種と型で点数が変化する方式でやっていきます。

マブナ 1点、ヘラブナ 2点。

尺上はそれぞれ倍。

35cmを超えるとプラス2点。

40cm上でプラス2点。

尺半はその時点で勝利決定。


鯉ちゃんは減点1。

アメリカナマズも減点1。

その他の魚種はノーカウント。




さて、ここからは新たに加えた新ルールです。

アカミミガメは減点1。

カミツキガメは減点5。

スッポンは日本固有種だし有益な亀なのでプラス3点w







12時19分、37pのヘラが釣れて6点Getです♪

うっちさんの方は釣れているのかどうなのか遠くて不明ですねー。









12時44分、またしても37pのヘラ。











12時55分、三枚目の37p。









1時3分、こんどは38cmのヘラ君。




この時点で24点となりました。

うっちさんの所へ様子を見に行ってみるとマブと小ベラだそうです。

自分の左隣に移ってもらうことにしました。






と、ここでジビさん登場。

一級ポイントの排水溝先端に釣り座を構えて十四尺でスタートです。











タモロコのデカイのが釣れましたw

11.5cmでこれまでの記録を5mm更新です♪











午後2時43分、34cmのヘラ。 

この頃から釣れるサイズが小さくなってきました。






午後3時にうっちさんは用事があるため先にお帰りに。

今日の勝負は28−17で勝利できました♪








排水溝先端のジビさんは快調に釣っています。

最初からこの場所は空いていましたが、乗ったら有利になりすぎて

勝負が成立しないので、ジビさんのためにとっておきましたw


予想通り、ジビさんは41.5cmを含む多数のヘラを釣りあげています。(いいなぁ〜w)









午後4時にもなるとヘラのサイズが遂に30cmに・・・。

マブも混じり始めてしまったので、ヘラの地合いが終わったようです。

印旛新川や手賀川ならこれからが夕方のチャンスタイムというところですが、

このポイントは日中がベストなんですかねぇ。





かみさんが実家に泊まってくるとの事で帰宅時間が自由なので

大物目指してナイター勝負をやることにしました。

と言ってもこの場所は望み薄なので東谷田川へ移動することに。










1時間以上あちこち下見して回って、目星を付けたのは東谷田川上流部の

川幅が広くなってすぐの辺りの東岸。



葦が生えている際を狙って剛舟十二尺。

と思ったら十二尺では水深50cm。

浅すぎて電気ウキでやるには厳しいので竿を旧・煉の十五尺に変えてなんとか水深70cm。




30分ほど経過した頃に初アタリ!

しばらく空振りが続きましたが、何回目かにガッチリとフッキング。

一気に葦の茂みに突っ込まれてハリスが絡んで残念ながらバラシ。

こうなることを忘れて二本針でやっていました(泣)






ハリス1.5号の一本針に変えて勝負再開。







その後、何度かスレを引っ掻いてしまいアタリが遠のいて、








結局釣れたのは34cmという平凡なサイズのヘラだけでした〜。






8時まで続けて終了です。






あ、そうそう。






この場所、ヤヴァイっす!






7時半頃だったか、いきなり右の耳が強烈な耳鳴り。

そして背中がゾクゾク。





多少霊感のある自分の経験では、これは霊様のご登場です(泣)





心の中で「安らかにお眠りください」と唱えたら

ウソのように耳鳴りが止まってゾクゾク感も収まりました。






いやぁ〜、この現象は青山落し以来かなーw









うっちさんとの対戦成績

7勝5敗3分











本日の釣果

ヘラブナ x 9

マブナ x 3

タモロコ x 1