2018年3月10日(土)


朝一番で印旛新川上流部の浅場を狙いに行ってきました。


到着してみると既に駐車スペースに車が一台。

挨拶してみると・・・・あっ! 

昨年、心の中で密かにストレンジャーさんと呼んでいた人でした。

その方、車にMarinesのステッカーが貼ってあるのでロッテファンのようです。

(自分のスカイラインにはSwallowsのステッカーが貼ってありますw)

ロッテさん曰く、増水していて足場が水没しているとの事。




まあ多少足場がグチャグチャしていても長靴履けばなんとかなるだろーって行ってみたら・・・








完全水没でしたw



いつもの足場が水深20p(笑)

通常よりも30〜40p増水しております。

濁りも入っていて釣れそうな雰囲気が漂っていますねー♪

これがもし乗っ込み時期で釣り台の周囲でハタキが始まったら

服をビショビショにされそうですww




ロッテさんは右奥のほうの護岸中央付近に釣り座を構えています。





ロッテもヤクルトも昨年はお互いに最下位なんすよねー(汗)

なんかヘラ釣り好きというだけじゃない妙な結びつきを感じてしまいますねw











水深が120pほどになったポイントで嵐馬の十七尺を出しました。





9時頃、40pほどの鯉ちゃんがヒットしましたがスレでした。





10時頃、35pほどのマブがヒットしましたが、

「なんだ、マブかぁ〜!」ってヤル気を失くしたところで足元のヤッカラに突っ込まれて

もう一本の針が絡まってバラシてしまいました。






その後はまったくのノーピク・・・。







八千代橋付近で竿を出している司大さんとジビさんに合流することにしました。

帰り際にロッテさんに話を伺ってみるとのノーピクとの事。

この機場前の浅場ポイントはちょっとだけ早かったかな?













ジビさんのいるジャカゴポイントにやってきました。

司大さんも農業交流センター前からこちらへ移動です。

支度をしていたところに、ながいさんも到着して4人並んで開始です。







増水&濁りなので思い切って嵐馬の十一尺を選択。

手前のほうでも水深はそこそこあります。







んん・・・・・・・・・、






ノーピクです(汗)








嵐馬の二十一尺にチェンジ。








ジャミがたまにウキを動かすだけで一向に釣れません。








左からの風が強くなってきて長竿を振るのが面倒になってきたので

旧型煉の十五尺にまたまたチェンジ。










なにも釣れないまま夕方になっちゃいました(汗)















5時を過ぎてやっとこさ小マブ君がヒットしておでこ回避。













う〜ん、アタリが出てもこんな小マブ君ですよw







さっきまで二十一尺を出していた辺りで泡付けが出ています。






それが気になってしょうがないので再び二十一尺を出します。










泣き尺のマブ君がヒットしましたが、本命が現れないまま暗くなって終了です。







いやぁ〜今日も厳しい釣りだったなー。









本日の釣果

マブナ x 3