2018年2月21日(水)


平日ですが手賀川でヘラブナ釣りww

有給休暇を使って運転免許センターへ更新しに行って、その後はダイレクトに手賀川です♪

同じくお仕事がお休みのうっちさんと水道橋〜浅間橋間のマーちゃんポイントに入りました。

ここは水底にネットが敷かれていないので根掛かりを気にせず何尺でも安心して使えます。





12時頃より勝負開始です♪


風刃の十五尺にて餌打ち開始。 

餌は今日も「いも四季α」のお世話になります。





今回のルールは・・・

マブナ 1点

ヘラブナ 2点

それぞれ30pを超えると倍。

35pを超えるとプラス2点。

40pを超えるとプラス2点。


つまり、泣き尺のヘラ5枚よりも35上のヘラ2枚の方が勝ちになります。











うっちさんは左隣の穴で十三尺を選択。






うっちさんも自分も二人してウキはちっとも動きませんが、さらに左奥の既設釣り台に乗って

十五尺を出している常連さんたちが盛んに竿を絞らせています。



自分たちの釣り座よりも4〜5尺分ほど前に出て十五尺ということは、

十九尺を出せば釣れている同じラインを狙うことが出来そうなので、

たまらず風刃を仕舞い込んで閃光Xの十九尺を継ぎました。




仕掛けを取り付けようとヘラバッグを探ると・・・




あちゃーー! やっちまった!(汗)




仕掛けが十五尺と十七尺用の二つしか入ってねぇーでやんの!ww

ヘラバッグの中身が高須賀池での竿二本分だけの軽量化仕様のままでした。

竿ケースの方は九尺から二十四尺までぎっしり詰め替えてきたというのに〜!w




新たに十九尺用の仕掛けを作ろうかとも一瞬迷いましたが、

巣離れが始まっているだろうから手前の方を回遊してくれるかも?と期待して

閃光Rの十七尺を使うことにしました。






すると割と早い段階からアタリが出て・・・・








ヘラが釣れ始まりました♪




尺上2枚釣りあげて8点先取したところで、うっちさんが動きました。

竿を十三尺から二十尺にチェンジです。 

常連さんが釣れているのと同じラインを二十尺で狙って、

一気にパタパタと釣り上げて逆転されちゃいそうでビビりましたが、

水面のギラつきでウキがよくわからないとの事で暫くしたら十七尺に変えていました。






風向きは北東風が強まったり南西風に変わったり、

流れも左の下流方向にガンガン流れになったり、止まったかと思ったら

今度は右へ逆流し始めたりと非常にやりにくい状況でしたが、

午後2時過ぎから地合いが始まり、最大でも34.5pと小型ばかりでしたが結構楽しませてもらえました。

2時半頃に一度大物がヒットして竿が全く立てられず伸されてハリス切れというのも(泣)






今回は割と調子良く、尺上ヘラ5枚と尺以下のヘラ2枚で合計24得点Getです♪

うっちさんの方は尺上1枚、尺以下2枚で合計8点。

今日は勝たせてもらいました〜♪







うっちさんとの対戦成績

6勝2敗3分










手賀川本流、これからは釣れる魚のサイズがグングンUPしていくので楽しみですね〜♪








本日の釣果

ヘラブナ x 7