2018年1月4日(木)


この冬まだ訪れていなかった手賀川のマーちゃんポイントを試してきました。

朝7時半頃、手賀川に到着すると水面がガチガチに凍結しているじゃないですか!w

これでは釣りにならんので、とりあえず朝食を買いにコンビニへ。



再び釣り場に戻ってきてから朝食をとりながらどうするかを考えました。

野釣りは中止して逆井へら鮒センターへ行こうかと迷いましたが、

とりあえず切り開きだけはやっておこうと河川敷へ突入です。






枯れ草を踏み倒して岸辺までのルートを確保。

8時半頃、鎌で切り開き作業をしているうちに中央付近が融け始めてきました。




続いて藻刈り鎌を出して岸辺の葦の刈り込み作業。

防寒着を着たまま体を動かし続けていたら体が温まるを通り越して汗かいちゃいましたw



あれこれ作業をしているうちに時間が流れ、次第に岸近くの氷も融けてきました。








10時頃になってようやく氷が無くなり竿が振れるようになりました。






風刃の十五尺にて両グル底釣りで釣り開始です。

風はそれほど吹いておらずイイ感じ。

このポイントは午前9時半頃から釣れ始まるので期待大です♪







ん!?







ウキがちっとも動きませんw







そう言えば以前、朝に凍結したときは釣れなかったような記憶があるような無いような?(汗)










次第に西からの風が強まってきて十五尺が厳しくなってきたので十一尺にチェンジ。












むぅ・・・・今日も風に悩まされるとは!(泣)






風に吹かれ波にもまれながらも気合で続けますが生命反応ゼロです。

やはり氷の張った日は水温が下がりすぎてダメなのかもしれません。






時刻は12時35分。

十一尺でも厳しくなってまいりました。





これはこの釣り場から脱出するしかありませんw

印旛新川でうっちさんとやすべえさんが竿を出しているとの事なので行ってみることに。












河川敷にある舗装された古い歩道のど真ん中にタヌキの貯め糞がありましたw

よそ見をしながら歩いてきたらバッチリ踏んじゃいますのでご注意をw








印旛新川の逆水橋に到着してみると南岸にうっちさんとやすべえさんの姿が見えました。

お二人のもとへ行ってみると超向かい風じゃないですか!w

信じられないことに冷たい強風を真正面から受けながら長竿を振っておりますw

自分には絶対に真似のできないことです。

並びで竿を出すことを勧められましたがムリムリカタツムリw







午後2時22分、お二人のはす向かいに釣り座を構えて閃光Lの二十一尺にて釣り再開。

餌は「グルテン四季」と「α21」と「いもグル」を同量ブレンドしたものを使用。

少し開きやすくした「いもα」って感じでしょうか。







一時間ほど竿を振った頃、うっちさんが移動開始したので

堀の内の浅場へ行くのかとこちらも撤収開始。

まあ、この場所、ノーピクだったわけですが・・・w



こちら側にやってきたうっちさん、てっきり堀の内へ行くのかと思っていたら、

この場所で自分の脇で並んで竿を出すつもりだったとか・・・・(汗)




まあそれじゃあ堀の内へ行ってみようか〜?ってことになり二人で移動開始です。








午後3時42分、水深1mちょいの浅場に二人並んで釣り再開です。











ここでも二十一尺を使用。






やがて4時のチャイムが鳴り、その後何事もなく4時半のチャイムが鳴りました。






二人ともノーピクが続いていましたが、4時40分頃に一度だけツンアタリが発生!

瞬時にアワセを入れたもののスカッと空振りw







二人とも何も釣れないままウキが見えなくなって終了です。






向かい風に苦しみながら逆水橋下流南岸で竿をだしていたやすべえさんは

夕方に風が止んでからオイシイ思いをしたそうで羨ましいです!





うっちさんとの対戦成績

2勝0敗1分





本日の釣果

おでこニョ〜ン