2018年1月3日(水)


印旛新川のやちよ農業交流センター前で司大さんと竿を出してきました。

朝7時頃、嵐馬の二十一尺にて両グル底釣りで釣り開始です。

司大さんも同じく二十一尺でした。





朝日が真正面から昇ってくるので、この釣り場は眩しいったらありゃしない!w


なんとか水面のギラギラを避けた斜め打ちで餌を投入していきます。

それにしてもここは他の場所と比べて流れが速いように感じますねー。




朝のうちは穏やかだった水面は次第に強まる季節風によって荒れてきました。



アタリはさっぱり出ません(汗)



渋いのは想像できていましたが、ジャミも居なくてウキを動かす生物は不在。



9時半頃に何処かへ移動することに。







強風が避けられるだとうと手賀沼の市民農園前へ行ってみたけど冷たい北西風ビュービューで

とても竿を出せる状況ではありませんでした。





次に向かったのは六軒川。








なんとか竿が出せそうな場所があったので釣り再開です。

背後の土手とコンクリ壁が北西風を防いでくれます。



嵐馬の十七尺にてハリスオモリでの両グル底釣り。

司大さんは十八尺ドボンの底釣り。





流れは強くなったり弱くなったり、右へ左へと目まぐるしく変化します。






風向きも時々右横からになり、ここでも水面は大荒れw










風が強すぎて釣りになりません!!(笑)


お互い餌がたくさん残っていましたが、強風と荒れる水面とノーピクにやられて終了です。

時刻はまだ2時w




こんな日は風を遮るものに囲まれた管釣りじゃないと釣りが成立しませんねー。








本日の釣果

おでこニョ〜ン