2018年12月30日(日)


連休二日目、底釣りで良い釣りをしたくて将監へ行ってきました。

今日も北西風が強まる予報が出ていましたので、大池の桟橋から東向きです。





今日のメンバーは、せきろーさん、えいちゃん、S山さん、ジビさん、銀チェロさん、マーちゃん。











朝7時半頃より閃光XXの十三尺にて釣り開始です。

餌は「四季α」。


開始直後はほぼ無風でウキがとても見やすいです。











30分後くらいに一枚目のヘラがヒット。





今日の仕掛けは微妙なアタリでも捉えられるようにと、

道糸フロロの0.8号、ハリス0.35号、針は上下共にイヅナ2号。

小針にグルテンを米粒のように小さく付けて投入します。

ウキはクルージャンウインターバージョン段底#4 グラスムクトップ。










今日はミルワームを持参してきたので、ハクセキレイの雌と仲良くなりましたw

合計30匹くらい投げ与えたかなー。

居なくなったかと思うと、またやってきて自分のすぐ右隣に歩み寄ってきます。

この子にミルワームをあげようとしている時によくアタリが出ちゃうんですよねーw













ジャミが一回だけ釣れてしまったなーと思ったら、

なんと! これが初対面となるゼゼラ君じゃないですか!!

一瞬、ツチフキかと思ったら、これ、ゼゼラですよ♪

ゼゼラの地方名はエンドス、クソバエ。

エンドスは何だか外国語っぽくて好きですが、クソバエってのは酷い言われようですなw






11時半に昼食。

もつ煮定食 600円也。

前から分かっていたことですが、ここのもつ煮込みはモツ肉以外何も入っていませんw

大根とかニンジンとか具材を入れるのが当たり前だと思うんですが、

刻んだネギがパラパラっと僅かに乗っかっているだけですw

ここの食堂、利用するお客さんの側に立って見ていませんねー。

具材を用意するのが面倒なんでしょうか? 





風が弱くなる気配は全くなく、背後から容赦なくぶつかってきます。

波が立っていて微妙なアタリは取りにくいです。

しばらく我慢してやっていたら寒くてクシャミが出てしまいました。

これはいけない。 このまま続けていたら風邪ひいちゃいそうです。

それに冬場に細かなアタリが捉えられないほど波立ってしまう釣り場はダメですねー。




まだ午後1時でしたが撤収開始。

一緒にやっていた皆さんすみません、お先に帰ります。









せっかくこのエリアまで来たので印旛沼方面へ車を走らせて

来年の乗っ込み時期を見据えて新規ポイント調査をしてきました。


この辺良さそうだな〜って航空写真で見当をつけていた現地を下調べ。

思ったよりもヤッカラが結構茂っていました。 

開けた穴での短竿勝負限定ポイントですが、

駐車スペースはバッチリOKで巨ベラ狙いには良さそうなポイントでした。




さて相変わらずの強風w

こんな北西風でもぬくぬくと暖かく竿が出せるポイントとなるとあそこしかありません!






というわけでやってきたのは下手賀川の竹やぶ裏。

水面はうねりで波立っていますが、風は背後の竹藪に遮られて無風です。

防寒着は必要なく日当たりが良いのでぽっかぽかです♪




ここへ来る途中、発作橋を渡っていると橋の際で一人だけ竿を出している人を発見!

よく見るとフィッシングライフさんでした。

ちょうど終了するところでしたが、ノーフィッシュだったとの事。









さて竹やぶ裏です。

閃光Gの十八尺にて釣り再開。




水深はおよそ80p。

流れは・・・・・・・




あっ!!  逆流しているじゃないですか!(汗)





これは釣れそうにありません・・・。

でもいちおう暫く餌打ちしてみますか。







50分ほどやりましたが、やっぱりダメっぽそう。





午後3時半、終了〜。






逆流が収まらないので夕方のチャンスタイムをやらずにおしまいです。








本日の釣果

ヘラブナ x 4