2018年12月24日(月)


かなりの暴風でしたが家に居てもやることがないwので手賀水系に向かいました。

まず最初に賽銭箱ポイントに行ってみましたが水面大荒れで断念w

手賀川は全体的に白波が立っていますw


風裏となる釣り場ということで下手賀川の発作橋付近に移動。

誰も入っていない葦原をバキバキと踏み倒しながら突き進み、

岸辺まで行ってみたら思った通りに水面ツルツルで細かなアタリも取れる状態でした。






釣り座を切り開いて11時半頃より閃光Gの十八尺で餌打ち開始です。



今日はうっかり鎌を忘れてきてしまったので、手作業でポキポキと除去していくのは大変でしたw

欲張って三本以上掴んで折ろうとすると毛利元就の言葉の通り作業が捗りませんw





十八尺で水深はおよそ80p。

賽銭箱ポイントと同じなので問題ないですね。

餌は「いもα」。

流れは・・・・あれ!? 右へと逆流しているじゃないですか!(汗)











しばらくすると招かれざる客が・・・・w





こいつら、ウキと穂先の間を行ったり来たりで超邪魔!(泣)

しかも奴ら、ヒトには数で勝負しようってのか次から次へと援軍が駆け付けますww




この場所、コブハクチョウ邪魔すぎてやってらんねーーーー!ww









気合をいれて賽銭箱に移動してきました。

少しでも風が避けられるようにと4か所ある釣り座の右端に入り、

比較的波の弱い手前を狙おうと短竿での勝負です。


皆空の十尺でドボンの底釣りです。

この競技竿を設計した人、まさか手賀川で使われるとは想像していなかっただろうなw

今はまだ腱鞘炎が治っていないので軽量竿が手にやさしいんですよw











むむ!? ここでも逆流しちゃってます。 

これまで手賀川では逆流していて釣れたことが一回あったかどうだか?






相変わらずの暴風ですが、そんな中に長時間居ると感覚がマヒしてくるのか

「なんだ、大したことないじゃん♪」って竿を長くしてもやれそうな気がしてきます。









というわけで一昨日釣果が得られた左から二番目の穴に移動して、

閃光XXの十四尺でハリスオモリの底釣りです。





右から強烈な風が吹き荒れているにもかかわらず、

仕掛けは逆流でグングンと右へと流されていきます。





午後3時半、3目盛りストンと入ってアワセを入れたらヒットしたのは50pくらいの鯉ちゃんw

しばらく勝負してみたんですが、閃光を折られては泣いちゃうんで

わざと伸されぎみにして0.6号のハリスを切ってもらいました。





さてここからまたノーピクw





夕方4時頃からあれほど吹き荒れていた風が収まってきました。




微妙なチクアタリでも取れそうなほど水面が穏やかに。




そのまま4時半まで双眼鏡で微妙なアタリを待ちましたが完全ノーピクw

最後まで逆流したままだったのが敗因ですねー。




もう絶対、次回からは逆流が判明したら手賀川から脱出しようと思いますww








本日の釣果

おでこニョ〜ン