2018年11月4日(日)


先週に続いて手賀川の賽銭箱で竿を出してきました。

今回もおーつかさんと一緒です。

前回、型は小さいもののそこそこヘラが出たので期待して釣り座に入ります。





朝7時半頃より閃光XXの十三尺にて餌打ち開始です。

餌は昨日の将監で余ったダンゴ餌からスタート。






一投目からウキにジャミの反応が現れます。




前回同様にもの凄い数のジャミに取り囲まれてウキは動きっぱなしw

こんな過酷な状況でもフナ類が現れるとジャミアタリが無くなる筈なんですが。










最初のマブ君が釣れたのは餌打ち開始から1時間以上経ってからでした。






そしてまたジャミの猛攻が始まります。





9時50分過ぎたところで長竿を試してみることにしました。

閃光Xの十九尺を出しましたが、相変わらずジャミだらけw

しばらく餌を打ち続けてみましたが何も好転しないので再び十三尺に。







天気が怪しくなってきて雨が降ってきた午後1時頃、小ベラが釣れたところでおーつかさんはお帰りに。
















午後1時18分にマブ君。




それにしても今日はフナ類がなかなか回ってきてくれません。











午後2時半過ぎにジビさんが現れて自分の左隣に釣り座を切り開いてくれました。

ちょうど自分がやろうと思っていた作業をやってくれたので大変ありがたいです。












ジビさんがお帰りになった後、小マブ君が釣れましたが今日はなんともショボい釣りですねぇw








午後4時半まで続けてみましたが釣れるのはジャミばかりでした。

果たしてこれまでこんなに沢山のタモロコを釣り続けたことがあっただろうか?ww

こんなひどい状況に耐えて釣りを続けた自分を褒めたいと思いますw







この場所はもしかしてハズレだったのか?w

もうすこし試してみないと判りませんけどねー。

まあ時期的に早いので水温が下がってきてからなんですが。








本日の釣果

ヘラブナ x 1

マブナ x 4

タモロコ x 超〜〜〜多数w