2018年11月11日(日)


印旛新川の神崎川合流点上流の深場を狙ってみました。

まだまだ大型ヘラが狙えるシーズンには早いんですが、

マブで遊びながら大物を待ってみようかと。





朝8時頃、カーブ地点にある小さな水門の近くに釣り座を構えて釣り開始です。












嵐馬の二十一尺を使用。 餌は「夏冬」に「四季α」をブレンドしたグルダンゴです。






ここもまだまだジャミが多いですねー。 でかいタモロコがスレてきます。





ジャミのせいで頻繁に竿を上げなければならず、二十一尺を振るのがかったるくなってきました。

竿を閃光Gの十八尺にチェンジ。

水深はそれぞれ2.4mほどです。










餌打ち開始から2時間ほど経ってようやくマブ君が釣れました。

小マブの爆釣かと思っていましたが、この深場はタモロコのほうが多いようで。













尺を超えるブラックバスも釣れちゃいました。

落ち込みでのリアクションバイトなら分かりますが、ウキが馴染んでからでした。

グルテンを啄んでいたタモロコを捕食しようとしたのかな?











こんな小マブ君が5つほど釣れましたがデカマブは姿を現さず。








この状況だとマブの数釣りも楽しめないしヘラも期待できそうにないので移動することに。








なんとなく手賀水系へ向かって車を走らせていたらフラフラと吸い寄せられるように

いつもの賽銭箱ポイントにやってきてしまいましたw












4か所ある釣り座の右から二番目に入って風刃の十一尺にて釣り再開。







相変わらず酷いジャミ祭りww






しばらくすると根掛かりが頻発するようになったので竿を翼の十五尺にチェンジ。






いつまで経ってもジャミの猛攻は止みません。







いい加減イヤになってきて、もうそろそろ帰ろうかと思っていた午後4時ちょっと前、

いつものジャミかとアワセを入れたら思いもよらず竿が絞られました。








居ました! やっとこさ尺上のヘラです♪



しかし残念ながら掛かっていたのは口のすぐ近くのスレでした。

まあヘラが回遊してきたことが判明しただけでも良しとしましょう。






ここから釣れ始まるのかと思ったらまたジャミに戻ってしまいました。






午後5時近くまでやっておしまいにしました。






まあそのうちまたこのポイントも狙ってみますかねー。







本日の釣果

マブナ x 6

タモロコ X 多数

ツチフキ X 1

オオタナゴ X 1

ブラックバス x 1