2018年10月20日(土)


おーつかさんと牛久水系の稲荷川で竿を出してみました。

入った場所は昨年の今頃にマブが沢山釣れて楽しめた三日月橋の下流西岸です。

まあここもやっぱりヘラを狙うには時期的に早すぎるとは思いますが・・・。





朝7時頃、両グル底釣りで開始。

本日の餌は「わたグル」+「新べらグルテン底」の半々ブレンド。


おーつかさんは左隣で十八尺スタートです。









自分はヘラが岸から離れた場所を回遊するんじゃないかと想像して翼の二十四尺を出しました。



しかしあれですw



一投目からジャミがウキを動かし始めました(汗)






5投目で早くもギブアップww

ジャミアタリが多すぎて頻繁にアワセを入れなくてはならず、

振り込みが大変な二十四尺なんて面倒で使っていられませんw

やはりこの竿はアタリがなかなか貰えない厳寒期の印旛新川での待ち釣りが適しているようです。







竿を翼の十五尺にチェンジ。

重量128gから64gの手首に優しい軽量竿になって一気に釣りが楽ちんになりました♪









ボチボチとマブ君が釣れ始まりましたが、隣のおーつかさんは自分の倍以上釣っております!?




もうちょっと長い竿でやっていたほうが良かったか?ww





10時過ぎ、北風が強まってきて水面が荒れだしたところで移動することにしました。










やってきたのは西谷田川の上岩崎橋下流東岸。



一人分しか開いていなかった釣り座の右側を刈り込んで二人並んで竿が出せるようにしました。






おーつかさんは十四尺。 自分は閃光XXの十九尺を選択。





そのうちウキがピコンピコンと上下し始めて、ここもジャミが集まっちゃったなぁ〜って思っていたら

左隣のおーつかさんが十四尺両グルドボンで良型ヘラを釣り上げたじゃないですか!






あれぇ〜? 長竿不要じゃねーの!?ww










十九尺で一応マブ君は釣れましたが、ここでも北風が邪魔をして竿が振りにくくなりました。






というわけで、またまた翼の十五尺の出番です。





ここでうっちさんが合流して勝負が始まりました。









小マブで少しずつ得点していると、右隣のうっちさんにヘラがヒットしているじゃないですか(汗)








こっちにもヘラこないかなぁ〜?って思っていたらヒットと同時に走り回る強い引き!













よく走るヤツの正体はコイツでしたww


よく見たらスモールマウスバスですね。











まあそれでもヘラが釣れましたよ〜♪

型はそれほど大きくありませんでしたが、きれいな形のヘラに大満足です!

西谷田川はもう少し経ってからヘラが釣れ始まるもんだと思っていましたが意外でした。











小ベラは釣れますが尺を超えるようなサイズのヘラはまだ不在なのかな?











うっちさんがヘラを釣る。 おーつかさんもヘラを釣る。

自分だけヘラの釣れるペースが上がりませんww







ウキが見えなくなるまで続けて終了。






本日のうっちさんとの勝負は11−20で完敗でしたw






うっちさんとの対戦成績

19勝19敗7分



うわぁーーー遂に並ばれちゃいましたww







本日の釣果

ヘラブナ x 6

マブナ x 11

タモロコ x 多数

ブラックバス x 1