2017年7月9日(日)


前日の釣りを終えてから翌日の日曜日は何処へ行こうかと うっちさんと相談して

決まった行き先は手賀川の曙橋フェンスワンドでした。

暑くなる天気予報だったので手賀川に架かる水道橋の下の日陰で竿を出そうという

話をしていましたが、フェンスワンドで始めてみて暑くなってきたら橋の下へ逃げ込む予定です。




朝6時半頃、フェンスワンドに到着。

水門を挟んで両側ともに端っこにタナゴ釣り師がいましたがヘラを狙う人はいません。

もしかしたらヘラは釣れていないのかも?





とりあえずタナゴ釣り師から了解をもらって水門左側の真ん中辺に釣り座を構えました。

朝7時頃、閃光Rの十七尺にて両わたマッシュのカッツケ狙いで餌打ち開始。





なかなかウキに変化が表れないなーって思いながら黙々と餌を打っていたら、

せきろーさんが様子見に現れました。

自分と同じく水道橋の橋の下で涼しい釣りをやろうと思っていたようですw

しばらくお話をしたのちに水道橋へと向かわれました。




いくら餌を打ってもジャミアタリしか出ないのでカッツケは不発と見切って底釣りにチェンジ。






7時47分、底釣りに変えて3〜4投目でちいさなマブ君がヒットしました。











続いて小型だけどなんだかヘラっぽい奴。

判断が難しいので一応マブということにしておきます。











底釣りでは小マブがヒットし続けますが、どれも15〜16pの奴らばかりw






と、ここでうっちさんの到着です。

ここで竿を出すか水道橋の下へ行ってせきろーさんに合流するか少し迷った後に水道橋へ。

今日は昼からかみさんと約束をしているので釣りは午前11時迄です。










せきろーさんのいる水道橋にやってきました。

橋の下で竿を出していたせきろーさんは七尺を使っていますが、

天井に当たるかどうかギリギリのようです。

思ったよりも天井が低かったなー。




橋の下に釣り座をセットして八尺を出しましたが、間もなく日陰じゃなくなるという

橋の左側で準備をしているうっちさんが長い竿を出そうとしているのを見て、

自分も橋の左側に釣り座をセットし直しました。

何のために日陰の涼しい釣り場にやってきたのか?ということになりますが、

ここは一つ、暑さを我慢してでも うっちさんとの勝負優先ということに。





竿は閃光Gの十八尺を選択。

ペレ底+S-DESIGN YELLOW + 徳用マッシュポテト+ わたグルという

先ほどまで使っていた「わたマッシュ」とダンゴ餌を混ぜてしまいました。





今日のルールは、大きさ関係なしにマブナなら1得点。

ヘラブナなら2得点で、マブナの尺上はスリーランホームランの3得点。

尺上のヘラブナはポイント二倍ということで一挙に6得点。

アメナマはマイナス1点。 コイを含む外道はノーカウントということにしました。





ヘラブナの尺上は一挙6点Getということになるのでオイシイですね!w

この時期の手賀川ではキビシーですがw









幸先よく竿が絞られましたが鯉ちゃんでしたw






うっちさんがマブっぽいのを数回ヒットさせましたが何故だかバラシの連続。





その後、先制点はうっちさんでした。








竿を翼の十四尺に変えて小マブちゃんGetで1対1の同点です。








終了間際にうっちさんがもう一尾マブを釣り上げて逆転されちゃいました(汗)

小マブを釣るのに今までこれほど苦労したことがあっただろうか?w

それにしても魚影が薄いのか何なのか? マブですらなかなかヒットしませんw






終了時刻の1分前。

10時59分にラスト一投。

ところがこれにマブナがヒット♪





滑り込みギリギリセーフにて2対2の引き分けとなりましたw

あっぶねぇーーーー!!w







うっちさんとの対戦成績

9勝16敗5引き分け






本日の釣果

マブナ x 6

コイ x 1

タモロコ x 3