2017年6月24日(土)


うっちさんが印旛新川のビリビリポイントに釣り座を二つ切り開いてくれたので、

早速行って竿を出してみました。

昨年までやっていた送電線の真下ではなく、今年は右に少し移動した辺りです。

誘電による竿のビリビリを避けるためにw



今日はジビさんとうっちさんと三人になるので、二つの釣り座の真ん中に

もう一か所岸辺の草を刈り取って、真ん中に自分が入ることにしました。





やがてうっちさんが到着して左側に入り、今日も勝負の始まりです♪




なかなかヘラの釣れない場所なのでマブ、ヘラ共に20p以上を得点対象として、

それがヘラだったらポイント二倍の2得点というルールでやっていくことにしました。

フナ以外の魚は得点対象外です。

さらに、アメナマが釣れてしまった場合はマイナス5点という取り決めをしましたw




風刃の十五尺にて餌打ち開始です。

うっちさんも同じく十五尺。

水深は1.2mほど。

流れがほとんど無しだったので、最初はS-DESIGN YELLOW で底を50p切った宙狙い。




これがいつまで経ってもノーピク(汗)

底釣りをやっていたうっちさんは20p未満のマブナをいくつか釣った後で

本命ヘラブナで先取点です・・・。





それを見て YELLOW をバラケに、ペレ底を食わせにして底釣りに切り替えです。






何度か20p未満のマブを釣りましたが一向に得点は入れられず・・・・。










しばらくしてジビさんが到着して右隣で釣り開始。


ここで竿を嵐馬二十一尺にチェンジ。











得点できるかどうか微妙なサイズのマブは出ますが大きいのがちっとも釣れませんw













やがてボチボチ釣れるマブのサイズが上がってきて得点できるように。







それにしても今日はハズレ日だったようで、ウキの反応が乏しく、

周りも最近は釣れていないのか釣り人の数も非常に少ない状況です。









ヒマなので望遠ズームレンズに付け替えて目の前を飛び回っているトンボを写してみました。


コシアキトンボ

腰空き(腰のあたりだけ白くて空いている)という意味で名付けられたヤツです。













コフキゾウムシ


こいつはしょっちゅう飛んできては服の上を歩き回っていました。

顔にぶつかってきて頬っぺたを歩き回られたりもw











送電線から少し離れたから誘電は無しかと思われましたが、

二十一尺を持ち上げて45度位の角度になった時だけ僅かにビリビリを感じます。

それでも送電線の真下でやっていた以前に比べれば全然平気です。

前までは少々痛みを感じるほどに感電しちゃっていましたからねーw






その後、竿を風刃の十一尺に変えて岸近くを試してみましたがこれは不発。





嵐馬の十七尺に変えたらアタリが復活しました。

餌も両グルやらグルダンゴやら色々試していきます。

うっちさんは十五尺から二十尺に変えてビリビリをくらってまた短くしていましたw

ジビさんは十八尺やら十三尺やら色々と試してみました。









昨年やったときはもっと型の良いマブが釣れたような覚えがあるんですが・・・・。











やっときましたマシなサイズが!w

それでも30pちょうどです。











やがて終了時刻に。

最後はシオカラトンボがハリスにアタックしてきて絡みついちゃいましたw












本気でがんばったんですが、9−6の3点差で今日もうっちさんに負けです・・・・(泣)



しかも自分の得点がすべてマブなのに対してうっちさんはヘラ三、マブ三でした。










ああ・・・。


また負けを増やしてしまった・・・・w






うっちさんとの対戦成績

7勝15敗4引き分け





本日の釣果

マブナ x 20くらい