2017年6月17日(土)


早朝から霞ヶ浦の沖宿にやってきました。

二日前の木曜日に、よっちさんがヘラブナを10枚以上釣り上げたそうなので、

同じような釣果を期待して、うっちさんとの勝負の場所として選びました。


先週は手賀水系で完全ノーフィッシュをくらっているので霞ヘラに癒されたいですw




気合入れて早起きして自宅を4時8分に出発。

常磐道でおベンツ様に煽られながらスカイラインのアクセルを踏み込んでいたら

土浦北インターはあっという間でしたw

むぅーー、スピードリミッターのせいで、ドイツ車には勝てませんねーw

そんでもって沖宿到着は4時55分。






む!?

こんなに早く来たのに既に水門のところに車が一台(汗)





なんと竿を出していたのは、よっちさんでしたw









よっちさんの右隣に釣り座を構えました。






煉の十三尺でグルテンを少量加えたマッシュで朝5時半頃に餌打ち開始。







しばらくの間アタリも何も無くて本当に釣れるのかどうか心配になってきた頃に

よっちさんがアワセを入れましたが竿が立てられず何か素早い大物をバラシました。

ヘラだったら40pクラスって感じでしょうか?






自分の方もウキに反応が表れ始めました。

しかしいくらアワセても乗らない!?

もしかしたらオオタナゴが餌を突っついているのかもしれません。









しばらくしてボラの幼魚、イナが釣れました。

ボラって、イナ、ボラ、トドと大きくなるにつれて名前が変わる出世魚ですよね。

70〜80pほどになるとトドと呼ばれるそうです。

10年以上前ですが横浜の方でトドと言えるような巨大なボラを目撃したことがありました。

そいつは余裕で80pは超える大物で迫力ありましたねー。





むむっ!?

今日はなんだかお腹の調子がよくありませんねー(汗)

大急ぎで車でコンビニへw






霞ヶ浦と言えば鯉釣り師の燦太さんは今日もどこかで竿を出しているのかな?って

メールを送ってみたらやっぱり!w 霞ヶ浦の麻生地区で竿を出しているそうです。




その燦太さんからグルメ情報が送られてきました♪


手作りサンドイッチ ムラタ

なるほどこれは本当にうまそうだ♪





むむっ!? ダメだこりゃw

またまた急行です(汗)








用を足して戻ってきたら、うっちさんが到着していました。

自分の右隣に釣り座を構えて釣り開始。

ということはつまり勝負のスタートというわけですw






今日のルールは、フナ類のみの枚数勝負ということにしました。

ヘラが釣れるかどうか不明な段階では「フナ類」としておかないと

お互い一向に得点ならずで面白くないですからね〜w







むむっ!? これは重症です(汗)

再び用を足しに車で・・・・。

なんだかお腹だけじゃなく胸の辺りまで気持ち悪くなってきてしまいました。

もう体調は最悪!





具合は悪いけど折角霞ヶ浦まで釣りに来ているのだから気合で続行ですw






うっちさんが鯉ちゃんを釣り上げたり、自分がまたイナを釣り上げたり。





そうこうしているうちに、左隣のよっちさんが良型ヘラを一枚釣り上げましたよ!?






それを見てヤル気が高まった自分とうっちさんでしたが、

ジャミっぽいアタリに悩まされ続けて、そのうちに南東風が強まってきて

釣り続行が厳しくなってきました。





うっちさんの提案で霞ヶ浦大橋脇の風裏ポイントへ移動することに。





時刻は11時半になっていたので途中で昼食をとろうということになりました。

燦太さんから紹介してもらったサンドイッチを食べてみたいところですが、

今の体調では冷たいざるそばが精一杯ってな具合です(汗)







快調に進んでいくうっちさんの車を追いかけるのが大変な状況です。

体の具合が悪すぎてアクセルが踏めずに、うっちさんとの車間距離が開いてしまいますw





霞ヶ浦大橋の脇にある町営?レストランにお蕎麦があったので二人で入りました。





そこで思わぬメニューが目に飛び込んできました!!






「鯰蒲焼丼 800円」!?





こ、これはもしや!?(笑)






うっちさんが店員に尋ねてみたところ、ビンゴでした!w






体調が不完全でしたので冷たいお蕎麦ってな感じでしたが、

もしかして? と期待していた通りのビンゴとなれば話は別ですw








というわけで・・・・・・











そうです!















アメリカナマズ蒲焼丼♪(笑)





メニューには日本ナマズなのかアメリカナマズなのかは書いてありませんでしたが、

店員に確認したところ間違いなくアメナマでした〜ww











うっ・・・  遂に憎きアイツを食べる時が来ようとは!(笑)

オイオイ、黒っぽいアメナマの皮まで付いているじゃないですか!w





さて、お味は?





美味でもなく不味くもないww





身が締まっていてなんとなくメカジキに似た食感でしたねー。





アメナマが増殖を繰り返して関東の各水域でのさばっている理由がわかりました。

鰻のように美味だったらとっくに捕獲されまくって今のような状況にはなっていなかったでしょうねw




しかしやはり、体調は思わしくなく完食するのが大変で、

冷や汗をかきながらなんとか無事に食べ終わりましたw










食後に霞ヶ浦大橋近くのジャカゴポイントにやってきました。

茨城県内水面水産試験場前です。

うっちさんから聞いた話では、ここで有名ヘラ師さんが某番組のロケで爆釣していたとな!

二十一尺を出していたそうなので、果たして長竿有利なのかどうか

水深計測用リール竿で入念に水深を測ってみました。



なるほど! 二十一尺付近にカケアガリの存在を確認しました!




というわけで、うっちさんと自分、二人して嵐馬二十一尺にて釣り再開ですw




うっちさんがアメナマを釣り上げました。




油断していたら自分の竿にもアメナマがヒット!(泣)

40p以上の引きの強いやつでしたw





うっちさんがまたアメナマを・・・w





これはフナ類の望める場所へ移動した方が賢明なようです。











夕方のチャンスタイムに賭けて沖宿へ戻ってきました。

釣り座を構えたのはいつも竿を出している第二水門じゃなく第一水門の方です。






煉の十三尺にて釣り再開。

お腹から胸にかけてのモヤモヤした気分の悪さは無くなってスッキリしてきました♪

うっちさんは「アメナマ丼が効いてきたんじゃないのー?w」とか言っていますが、

アメナマに助けられたなんて思いたくないですねーww










なんとヘラブナちゃんが釣れたじゃないですか♪


しかしサイズが20pに数ミリ届かなかったので得点にはなりませんw

これが釣れたことにより、マブは除外してヘラブナだけの枚数勝負ということにしました。

サイズは20pを超えていることが条件です。











次に鯉ちゃんの子供がw













おお〜!  34pの美しいヘラブナが釣れて先取点Getです♪

霞ヶ浦のヘラブナは形が最高ですね!











また小ベラちゃんですが、ギリギリ20pを超えているので2点目が入りました♪






おや?

うっちさんも釣れ始まったようで、枚数を着実に伸ばしています。










釣れるのは小ベラばかり!w

サイズは20pを超えたり数ミリ足りなかったりw













ちょっとマシなサイズですが残念ながら30pには届かず。











いつの間にか逆転されていたうっちさんの釣果に追いついては離され、

最終的には8対6という二枚差で負けてしまいましたぁ〜(泣)





今日こそ勝てるかと思いましたが、やはりうっちさんは手強いですなぁ・・・。








対戦成績

6勝14敗4引き分け





本日の釣果

ヘラブナ x 9

コイ x 1

イナ x 2

アメリカナマズ x 1