2017年4月16日(日)


乗っ込み時期の高滝湖を狙わないまま夏を迎えてしまっては後悔すると思い、

単独で遠方の巨ベラフィールドに挑戦してきました。



目的地の給水塔ポイント到着は午前4時頃。

先釣者は一名。

釣果を尋ねるとアタリが無いとの残念な返事が・・・。



前日から気温が上昇し始めたのでハタキを期待しましたが湖面は静まり返っています。

まあそれでも浅場をうろついている巨ベラが居るかもしれないので竿を出してみることに。







給水塔ポイントの中央やや左側に釣り座を構えて頼刃またたき九尺にて釣り開始。






1時間ほど経過した頃からなんとウキが動き始めました!?

アワセを入れても入れても乗らないアタリは何なんだ???




引っかかってきませんでしたが正体はおそらくオイカワのようです。






いきなり背後から「おはようございます」と声が掛かったので

振り向いて挨拶を返そうとしてビックリ! 

印旛新川で時々お会いするカンザシウキのHさんでしたw



Hさんも自分の左隣で釣り開始です。










そんなこんなであっという間に明るくなってしまいました(汗)







オイカワは何処かへ消えてしまい、ノーピクアワーに突入です。

給水塔ポイントは後から人が現れ続けて気が付くと自分を入れて釣り人は7名。

しかし誰一人としてヘラブナを釣り上げません!(泣)











しびれを切らしてスロープ下ワンドに移りました。

以前にここで46.5pを釣った時と同じように煉十三尺を出しました。









風が無くてベタ凪状態です。

ここで釣果が得られたときは風が吹いていて水面は波立っていました。

こんな鏡のような水面では期待できません・・・。







カンザシウキのHさんは釣れないと見るや早々にお帰りに。









10時半まで粘ってみましたがアタリはもらえませんでした。

こうなると高滝湖には見切りをつけて地元の釣り場に戻った方が良いでしょう。











というわけで2時間後に印旛新川の鳥居前ですw


竿は嵐馬十七尺。



今日も南西風が強く吹きはじめたので前日同様に風の避けられるこのポイントを選択しました。



とりあえずマブを釣り上げて癒してもらおうと思いましたが今日はウキがちっとも動きません。

前日よりも水が澄んでいます。

魚たちはどこか別の場所へ移動してしまったのか?









こうなったらいつもの岩戸機場前の浅場で勝負だ! 

ということで波立つ水面を我慢しながら頼刃またたき七尺にて釣り再開です。











打ち寄せる波を我慢しながら1時間半揺れるウキを眺め続けましたがダメでした。









少し風が収まってきたので4番目の釣り座に移動です。

煉十尺に変えて新芽の際を狙います。











何も釣果がないままに夕暮れ時を迎えてしまいました(汗)



Team手賀沼の釣り仲間からは亀成川で爆釣との情報メール届いております。

みんなと一緒に釣れている場所でやってもよいんですが、

大物を釣りたい自分はその可能性のある印旛新川から離れられませんw






午後6時を過ぎたらウキに反応が表れ始めました。






しかしヒットした魚は期待を裏切るものでした。









33pほどの半ベラです・・・・。



まあ何も釣れないよりはマシですねw












さらに暗くなってきて電気ウキのスイッチON。








暗くなったところで、よっちさんが様子見に来てくれました。

一緒にお話をしながら乗らないアタリにアワセ続けているとまたマブがヒット(泣)





よっちさんがお帰りになってからも頑張り続けましたが

釣れてくるのはマブばかりでした(泣)





午後8時に撤収。

16時間に及ぶ戦いは一度もヘラブナに出会うことなく終了です。







う〜ん、今年の乗っ込みもロクな釣果が得られずに空回りしちゃってますねー。







本日の釣果

マブナ x 5